このサイトについて

 

  • 潮間帯生物群集の維持に関わる相互作用網の構築

  • 食素材マイクロ・ナノ分散系の作製と特性評価に関する研究

  • マグマ-熱水系における揮発性元素と金属元素の分布と挙動に関する研究

  • 半乾燥地における生物資源の持続的利用

  • 脂肪酸の質的制御による新しい生活習慣病治療法の開発

  • 細胞の初期化における遺伝子発現調節機構の解析と実用的な分化制御方法の開発

  • 視覚機能の違いをもたらす光受容体の分子進化過程の解明

  • 群れ・学習・創発現象

  • インフルエンザウイルスの感染現象を規定する細胞機能の解明

  • 里山生態系サービスの持続的維持に昆虫たちが果たす役割の解明

  • 人間のコミュニケーションに関する脳メカニズムの解明と創発

  • ミトコンドリア・ダイナミクス破綻からの疾患へのアプローチ

  • 超伝導体を使った小型コヒーレントテラヘルツ光源の開発

  • 小脳における神経細胞の分化と遺伝子制御

 

 

 News & Information                一覧

・2016.12.02 「NewsLetter」更新しました。新着
・2016.11.11 「NewsLetter」更新しました。
・2016.10.24 「セミナー」更新しました。
・2016.10.12 「セミナー」更新しました。

 

    Topics                    一覧

◆2016年10月  受賞  新着

川口敦史助教が、日本ウイルス学会において杉浦奨励賞を受賞しました。

<発表者>川口敦史

<題目>「インフルエンザウイルスゲノムの細胞内動態を制御する宿主因子の研究」

◆2016年10月  受賞  新着

石川香助教が、The 13th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine [ASMRM]The 16th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine [J-mit] においてポスター賞を受賞しました。

<発表者>Kaori Ishikawa, Shun Katada, Emi Ogasawara, Yo Homma, Takaya Ishihara, Takayuki Mito, Katsuyoshi Mihara, Jun-Ichi Hayashi, Naotada Ishihara, Kazuto Nakada.

<題目>「The importance of mitochondrial fission in preventing disease phenotypes induced by a pathogenic mtDNA mutation.」

◆2016年10月  受賞  新着

辻本学助教が、10th International Symposium on Intrinsic Josephson Effects and Plasma Oscillations in High-Tc Superconductors (Plasma+ 2016) においてポスター金賞を受賞しました。

<発表者>A. Elarabi, Y. Yoshioka, M. Tsujimoto, T. Doi, and I. Kakeya.

<題目>「Circularly-polarized terahertz emission from monolithic Bi2212 sources」

◆2016年10月  受賞  新着

辻本学助教が、10th International Symposium on Intrinsic Josephson Effects and Plasma Oscillations in High-Tc Superconductors (Plasma+ 2016) においてポスター銅賞を受賞しました。

<発表者>H. Kubo, T. Kashiwagi, H. Minami, M. Tsujimoto, C. Watanabe, K. Sakamoto, T. Katsuragawa, T. Tanaka, T. Yuasa, Y. Komori, R. A. Klemm, and K. Kadowaki.

<題目>「Radiation characteristics of the square type of stand-alone mesa of single crystalline Bi2Sr2CaCu2O8+δ」

◆2016年8月  受賞  

石賀康博助教が、平成28年度植物感染生理談話会においてポスター賞を受賞しました。

<発表者>清川 達則、丸山 望、石賀 貴子、尾花 望、石賀 康博、別役 重之、一瀬 勇規、野村 暢彦

<題目>「COCRM法を用いた植物葉表面および付着細菌のリアルタイムイメージング系の構築」

◆2016年6月15日  受賞  

辻本学助教が、公益社団法人低温工学・超電導学会において国際交流若手賞を受賞しました。

◆ブラジルにて留学フェアー(2016年3月11~14日)  その他  

マルコス ネヴェス助教が筑波大学・サンパウロオフィス活動の一環として2016年3月11-14日の間にブラジルにて開催された日本留学フェアーに務めた。日本に留学した経験のある学生や日本留学に興味を持つ学生などを合わせて680名がフェアーに参加した。3月11(金)日はサンパウロ市内にて、午前中にはETAPA高校で120名が参加し、午後にはサンパウロ大学(USP)にて230名が参加した。又、3月14日(月)はブラジリア大学にて開催された留学フェアーに関心のある在校生330名が参加した。
<関連ウエブサイト>
筑波大学方式ウエブページでブラジルでの留学フェアーに関する記事(2016年3月)
筑波大学サンパウロオフィス

◆2016年3月  受賞  

マルコス ネヴェス助教が、日本食品工学会誌 において2015年度日本食品工学会賞 論文賞を受賞しました。

<発表者>神津 博幸, 中田 友輝, 中嶋 光敏, Neves, M. A., 植村 邦彦, 佐藤 誠吾, 小林 功, 市川 創作

<題目>"Analysis of Disintegration of Agar Gel Particles with Different Textures using Gastric Digestion Simulator."16(2)161-166

◆2016年3月  受賞  

浅野敦之助教が、日本家禽学会2016年度春季大会において優秀発表賞を受賞しました。

<発表者>牛山愛・田島淳史・石川尚人・浅野敦之

<題目>「ニワトリ精子膜ラフトの生化学分析と機能性の検討」