このサイトについて

 

代表者挨拶


挨拶
代表者挨拶

江面 浩(若手研究者育成推進委員会委員長)

 

本学は、高度で先進的な研究と、これに裏打ちされた教育を通じて、広く社会の発展に貢献することを目標としています。そのために最も重要なことの一つは、優秀な若手教員の確保とその育成です。大学の活力の源泉は、若手教員がその個性と能力を充分に発揮しながら、伸び伸びと成長するところにあるといっても過言ではありません。

本学は、若手教員の人材育成策の柱として、若手教員が自立して研究できる環境を整備し、若手教員がその能力を最大限に発揮できるように、平成19年度より全部局において「つくば型」テニュアトラック制と振興調整費の支援を受けた「重点支援型」(次代を担う若手大学人育成イニシアテイブ)テニュアトラック制の両者を並行して推進してきました。平成23年度、文部科学省は、一層のテニュアトラック制の普及・定着を図る事を目的として「テニュアトラック普及・定着事業」を開始しました。本学は「新つくば型」テニュアトラック制を提案し、これに採択されました。本学が提案した「新つくば型」テニュアトラック制度は、本事業による国の支援と大学の自主財源を活用して、「若手大学人育成イニシアテイブ」で蓄積した運営・支援体制を維持しながらも、「標準型」、「昇任型」、「飛び級型」の3つのモデルから、テニュア獲得後のキャリアパスを選択できる事が特徴です。それによって、より若手教員の個性を尊重し、また各部局が人事等の将来構想に沿ったきめ細かいテニュアトラック制度を構築する事が可能となります。平成27年度からは、「昇任型」、「飛び級型」の2つのモデルに絞り、より一層優秀な若手人材を育成する仕組みを作りました。関係各位におかれましては、本学におけるテニュアトラック制を基盤とする若手人材育成に一層のご理解と力強いご支援を賜りますように、お願い申し上げます。