学会発表

石川香

石川香、堅田俊、小笠原絵美、本間耀、石原孝也、三藤崇行、三原勝芳、林純一、石原直忠、中田和人
『ミトコンドリア病の多様な病態発症機構の理解に向けたアプローチ~核-ミトコンドリア間クロストーク~』、 第39回日本分子生物学会年会、ポスター発表(1P-0690)、2016年11月30日、横浜

 

本間耀、堅田俊、小笠原絵美、石原孝也、三藤崇行、三原勝芳、林純一、石原直忠、中田和人、石川香
『ミトコンドリア遺伝子疾患の病態発症におけるミトコンドリア分裂の役割』、 第39回日本分子生物学会年会、ポスター発表(1P-0286)、2016年11月30日、横浜

 

高橋宗一郎、小笠原絵美、三藤崇行、林純一、石川香、中田和人
『糖尿病を発症する核ゲノム背景と変異型ミトコンドリアゲノムの共存は互いの病原性を変化させる』、 第39回日本分子生物学会年会、ポスター発表(1P-0723)、2016年11月30日、横浜

 

谷春菜、石川香、清水章文、三藤崇行、林純一、中田和人
『mtDNAに病原性突然変異を有する新規ミトコンドリア病モデルマウスの作出』、 第39回日本分子生物学会年会、ポスター発表(3P-0791)、2016年12月2日、横浜

 

Kaori Ishikawa, Shun Katada, Emi Ogasawara, Yo Homma, Takaya Ishihara, Takayuki Mito, Katsuyoshi Mihara, Jun-Ichi Hayashi, Naotada Ishihara, Kazuto Nakada.
The importance of mitochondrial fission in preventing disease phenotypes induced by a pathogenic mtDNA mutation.
The 13th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine [ASMRM] and The 16th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine [J-mit] Poster #23, Shinagawa, October 30 - November 1, 2016

 

Nurun Borna, Yoshihito Kishita, Kaori Ishikawa, Kazuto Nakada, Jun-Ichi Ha yashi, Yoshimi Tokuzawa, Masakazu Kohda, Hiromi Nyuzuki, Yzumi Yamas hita-Sugahara, Takashi Nasu, Atsuhito Takeda, Kei Murayama, Akira Ohtake, Ya sushi Okazaki.
A novel mutation in TAZ causes mitochondrial respiratory chain disorder without cardiomyopathy.
The 13th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine [ASMRM] and The 16th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine [J-mit] Poster #44, Shinagawa, October 30 - November 1, 2016

 

本間耀、小笠原絵美、堅田俊、三藤崇行、石原孝也、林純一、三原勝義、石原直忠、中田和人、石川香
ミトコンドリアサイエンスワークショップ2016、「ミトコンドリア遺伝子疾患の病態発症におけるミトコンドリア分裂の役割」(口頭発表) 、福岡、7月15日

 

石川香
文部科学省新学術領域研究(領域提案型)「マトリョーシカ型進化原理」平成27年度全体班会議、『加齢に伴うミトコンドリア機能低下の原因の検証』(口頭発表)、 2016年1月8日~9日、港区、東京

 

石川香、橋爪脩、清水章文、三藤崇行、中田和人、林純一
『マウスミトコンドリアDNAの突然変異がコントロールする表現型~核外ゲノムの変異によるインパクト~』第28回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会(BMB2015)2015年12月3日、神戸(3W16-5:ワークショップ口頭発表)

 

太田あずさ、和田怜子、橋爪脩、清水章文、三藤崇行、林純一、小笠原絵美、中田和人、石川香
『マウスがん細胞のmtDNAにランダムな突然変異が高頻度で蓄積すると高転移性が誘発される』第28回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会(BMB2015)2015年12月3日、神戸(3T23p-11:一般口頭発表、3P0018:ポスター発表)

 

清水章文、三藤崇行、榎俊慧、小笠原絵美、橋爪脩、長島瑠子、石川香、中田和人、林純一
『ミトコンドリアコードのtRNAに病原性突然変異を有するミトコンドリア病モデルマウスの作出及び病態解析』第28回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会(BMB2015)2015年12月3日・4日、神戸(4T18p-05:一般口頭発表、3P1261:ポスター発表)

 

三藤崇行、橋爪脩、大西彩紀子、清水章文、石川香、中田和人、林純一
『老化ミトコンドリア原因説の検証とその再構築』第28回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会(BMB2015)2015年12月3日・4日、神戸(4T特p-04:一般口頭発表、3P1208:ポスター発表)

 

Kaori Ishikawa, Shun Katada, Takayuki Mito, Kazuto Nakada.
"Mitochondrial fission is important to prevent disease phenotypes induced by a pathogenic mtDNA mutation." (Oral), Molecular Mitochondria – Joint Seminar of Young Finnish-Japanese Mitoscientists. Helsinki, Finland. 2015/10/05.

 

Kaori Ishikawa, Shun Katada, Kazuto Nakada
"The role of mitochondrial fission in prevention of disease phenotypes induced by a pathogenic mtDNA mutation"(poster)
International Symposium on Matryoshka-type Evolution of Eukaryotic Cells
University of Tsukuba, Sep 30. – Oct. 2

 

石川香、小笠原絵美、堅田俊、三藤崇行 、石原孝也、林純一、三原勝芳、石原直忠、中田和人
『病原性mtDNA突然変異の病態発症抑制機構におけるミトコンドリア分裂の役割』、
YoungMito2015, 2015年7月9日、千葉県一宮市(oral)

 

石川香
関東プロティスト倶楽部 -微生物進化2015-、『ミトコンドリア・ワールド~Parasite EVEの真実~』<招待講演>、 2015年2月27日、筑波大学計算科学センター

 

Kaori Ishikawa

"Analyses of influences of dysfunction of mitochondrial fission", Team meeting of Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas, “Matryoshka-type evolution”, Jan 11, 2015, University of Tokyo

 

石川香、堅田俊、石原孝也、櫻澤遼太、小笠原絵美、林純一、三原勝芳、石原直忠、中田和人
第14回日本ミトコンドリア学会年会、『ミトコンドリア・ダイナミクスの破綻が突然変異型mtDNAの組織内含有率に及ぼす影響』(oral) 、 2014年12月3日~5日、福岡、<ベストプレゼンテーション賞ベストプレゼンテーション賞受賞>

 

小笠原絵美、橋爪脩、石川香、林純一、中田和人
第14回日本ミトコンドリア学会年会、『環境要因によるROS漏出型mtDNAの病原性惹起と病型制御』(oral) 、 2014年12月3日~5日、福岡

 

三藤崇行、鈴木美智子、石川香、中田和人、林純一
第14回日本ミトコンドリア学会年会、『Mito-micemiceΔにおける骨粗鬆症の病態解析』(oral) 、 2014年12月3日~5日、福岡

 

清水章文、三藤崇行、林千彩音、小笠原絵美、竹永啓三、石川香、中田和人、林純一
第14回日本ミトコンドリア学会年会、『ミトコンドリアtRNA遺伝子に突然変異を有する新奇ミトコンドリア病モデルマウスの樹立』(oral) 、 2014年12月3日~5日、福岡

 

Ishikawa K.
"The crosstalk between nucleus and mitochondria.", The 3rd workshop of matryoshka-type evolution, O-16, 12 July,2014, Kobe

 

Takayuki Mito, Emi Ogasawara, Kaori Ishikawa, Jun-Ichi Hayashi, Kazuto Nakada
"Different responses of striated muscle tissues to accumulation of pathogenic mitochondrial genome with a large scale deletion in mice. " EUROMIT2014, Poster# 292, 15-19 June,2014 Tampere, Finland.

 

Emi Ogasawara, Shun Katada, Takayuki Mito, Kaori Ishikawa, Jun-Ichi Hayashi, Kazuto Nakada
"Diabetic nuclear background enhances pathogenicity of mitochondrial genome with a deletion in mice. " EUROMIT2014, Poster# 315, 15-19 June,2014 Tampere, Finland.