学会発表

横井智之

Tomoyuki Yokoi, Uto Jun, Morizuka Haruta, Tokuda Naoko, Fujinami
Rieko, Watanabe Mamoru
2016 XXV International Congress of Entomology、『Foraging behavior of nectar robber bumblebee as a potential pollinator of red clover』(poster)、2016年9月25日~30日、Orlando, Florida, USA.

 

Naoto Idogawa, Tomoyuki Yokoi, Mamoru Watanabe
2016 XXV International Congress of Entomology、『Sharing nutrients of the queen black carpenter ant, Camponotus japonicas, between her own somatic maintenance and offspring production』(poster)、2016年9月25日~30日、Orlando, Florida, USA.

 

Suzuki,M., T. Yokoi, M. Watanabe
Behaviour2015、"The changes of hesitation behavior of “easy-going” hoverfly when attacked suddenly by ambush spider."(poster)、 2015年8月9日-14日、Cairns Convention Centre, Australia

 

有藤惇・得田奈央子・渡辺守・横井智之
第59回日本応用動物昆虫学会山形大会、『外来種ムラサキツメクサに訪花する在来マルハナバチ類の採餌行動』(poster)、 2015年3月26日-28日、山形大学

 

横井智之
第59回日本応用動物昆虫学会山形大会、『ニホンミツバチによるレタスかじり行動の実態と季節性』(oral)、 2015年3月26日-28日、山形大学

 

Katsuki, M., Okada, Y., Yokoi, T., Okada, K.
第62回日本生態学会鹿児島大会、『Allometory and sexual dimorphism in legs of Sagra femorata』(poster)、 2015年3月18日-22日、鹿児島大学

 

有藤惇・得田奈央子・横井智之・渡辺守
第62回日本生態学会鹿児島大会、『外来種ムラサキツメクサに訪花するハナバチ類の採餌行動』(poster)、 2015年3月18日-22日、鹿児島大学

 

鈴木瑞穂・横井智之・渡辺守
第62回日本生態学会鹿児島大会、『訪花したハナアブのためらい行動に捕食者の存在が与える効果』(poster)、 2015年3月18日-22日、鹿児島大学

 

横井智之・渡辺守
第62回日本生態学会鹿児島大会、『単独性ハナバチのメスにおける越夜集団形成の適応的意義』(ポスター発表)、 2015年3月18日-22日、鹿児島大学

 

Yokoi, T., M. Watanabe
"Formation of mixed-sex aggregations of solitary bee Amegilla florea urens for overnight."(poster),The 15th International Behavioral Ecology Congress,Jul.31-Aug.5 2014,Hunter College of the City University of New York.

 

Katsuki, M., T. Yokoi, K. Funakoshi, N. Oota.
58th annual meeting of Japanese Society of Applied Entomology and Zoology. “Adaptive significance of huge hind leg of Sagra femorata” (poster)26th- 28th, March, 2014, Kochi University

 

Yokoi,T., N. Tokuda, M. Suzuki, M. Watanabe
58th annual meeting of Japanese Society of Applied Entomology and Zoology.
“Pollinator attractive strategy of red clover Trifolium pratense. -The flexure effects of the flower stalk “(oral)
26th- 28th, March, 2014, Kochi University

 

Tokuda. N., T. Yokoi, M. Suzuki, M. Watanabe
61th annual meeting of The Ecological Society of Japan.
“Pollinator attractive strategy of red clover Trifolium pratense I - Flexure of flower stalk increase pollinator attractive effect “(poster)
14th – 18th March, International conference center Hiroshima

 

Yokoi,T., N. Tokuda, M. Suzuki, M. Watanabe
61th annual meeting of The Ecological Society of Japan.
“Pollinator attractive strategy of red clover Trifolium pratense II -which part of flower is preferred by bees ?- “(poster)
14th – 18th March, International conference center Hiroshima

 

横井智之・得田奈央子・船本大智・藤浪理恵子・渡辺守
第57回日本応用動物昆虫学会大会、『スキーゲレンデに侵入したムラサキツメクサの繁殖生態と訪花昆虫』(oral)、 2014年3月27日-29日、日本大学

 

得田奈央子,船本大智,藤浪理恵子,横井智之,渡辺 守
第60回日本生態学会大会、『スキーゲレンデにおけるムラサキツメクサの繁殖生態.1 花火師ムラサキツメクサの花形成の競演』(poster)、 2014年3月5日-9日、グランシップ静岡

 

船本大智,得田奈央子,藤浪理恵子,横井智之,渡辺 守
第60回日本生態学会大会、『スキーゲレンデにおけるムラサキツメクサの繁殖生態.2 招待されるハチと無銭飲食するチョウ』(poster)、 2014年3月5日-9日、グランシップ静岡

 

横井智之
第60回日本生態学会大会自由集会、『これからの日本の送粉サービス研究の話をしよう
「日本の送粉サービス研究を盛り上げるには?-現在を知り、これからを語るー」』<invited>、 2014年3月5日-9日、グランシップ静岡