このサイトについて

 

学会発表

有泉

武井瞳、篠崎良仁、江面浩、有泉亨
日本育種学会第127回講演会、『SNP解析を用いたトマト 新規単為結果候補遺伝子の特定 』(ポスター発表)、2015年3月21日~22日、玉川大学

 

篠崎良仁、小嶋美紀子、榊原均、岡部佳宏、江面浩、有泉亨
日本育種学会第127回講演会、『植物ホルモンエチレンはトマトの着果を抑制する』(ポスター発表)、2015年3月21日~22日、玉川大学

 

四方雅之、有泉亨、江面浩
SATテクノロジー・ショーケーシ2015 、『トマト育種の新展開~ゲノム編集技術による理想のトマトのデザイン~』(ポスター発表)、2015年1月21日、名古屋大学

 

Takei H, Shinozaki Y, Ezura H, Ariizumi T
International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014, 、『Isolation of a novel tomato mutant with enhanced fruit set efficiency and candidate gene approaches by Next Generation Sequencing』(ポスター発表)、2014年10月25日~26日、名古屋大学

 

羽尾周平、有泉亨、江面浩
International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014, 、『Morphological and Genetic Analysis of a Tomato Mutant Exhibiting Sexual Sterility and Parthenocarpy.』(ポスター発表)、2014年10月25日~26日、名古屋大学

 

本田悠理子、羽尾周平、江面浩、有泉亨
International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014, 、『子室数を増加させる遺伝変異の利用によるトマト果実肥大性の強化』(ポスター発表)、2014年10月25日~26日、名古屋大学

 

Oikawa J, Ishigami Y, Tatsuzawa F, Ariizumi T, Wang N, Ezura H & Kato K
International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014, 、『Analysis of floral regulatory genes in a day-neutral tomato.』(ポスター発表)、2014年10月25日~26日、名古屋大学

 

堤拓也、福島俊介、岡部佳宏、有泉亨、江面浩、梅原三貴久
International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014, 、『TILLING法によるトマトのSlCCD8欠損系統の探索とその特性評価』(ポスター発表)、2014年10月25日~26日、名古屋大学

 

増田順一郎、有泉亨、江面浩
平成26年秋期園芸学会 、『トマトEMS処理変異誘発系統から選抜された新規単為結果性系統の特性解析』(口頭発表)、2014年9月27日~9月29日、佐賀大学

 

篠崎良仁、小嶋美紀子、榊原均、江面浩、有泉亨
平成26年秋期園芸学会 、『エチレンはジベレリン代謝を介してトマト着果制御に関与する』(口頭発表)、2014年9月27日~9月29日、佐賀大学

 

江面健太郎、有泉亨、江面浩
平成26年秋期園芸学会 、『ナス科作物の FW2.2/CNR ファミリー遺伝子の同定及びトマトをモデルとした着果時期でのゲノムワイド解析』(ポスター発表)、2014年9月27日~9月29日、佐賀大学

 

Hao S, Ariizumi T & Ezura H
"Morphological and genetic analysis of tomato sexual sterility mutant."
(口頭発表)、 第7回日中韓大学院生フォーラム、中国地質大学・北京、2014年9月26日~29日

 

有泉亨、岸本早苗、眞岡孝至、平川英樹、白澤健太、岡部佳宏、竹澤里見、大宮あけみ、江面浩
第32回 日本植物細胞分子生物学会 、『トマトのPALE YELLOW PETAL1遺伝子はエステル化カロテノイドの蓄積と花弁黄色化に必須である。 』(口頭発表)、2014年8月21日〜22日、いわて県民情報交流センター

 

四方雅仁、星川健、有泉亨、福田直也、久保康隆、金山喜則、青木考、江面浩
第32回 日本植物細胞分子生物学会 、『トマト研究推進のための変異体およびDNAリソース整備』(口頭発表)、2014年8月21日〜22日、いわて県民情報交流センター

 

篠崎良仁、羽尾周平、江面浩、有泉亨、平成26年度園芸学会春季大会、『トマトにおけるエチレン非感 受性変異体が示す単為結果性 の解析』(口頭発表)、筑波大学、2014年3月29日〜30日

 

山岡達也、岡部佳弘、牛島幸一郎、有泉亨、荒木克也、久保康隆、江面浩、中野龍平、平成26年度園芸学会春季大会、『トマト AP3 遺伝子抑制系統に おける単為結果果実の形成』(口頭発表)、筑波大学、2014年3月29日〜30日

 

星川健、四方雅人、有泉亨、福田直也、金山喜則、久保康隆、青木考、江面浩、平成26年度園芸学会春季大会、『ナショナルバイオリソースプ ロジェクト「トマト」におけ る整備状況と将来の展望』(口頭発表)、筑波大学、2014年3月29日〜30日

 

羽尾周平、有泉亨、江面浩、平成26年度園芸学会春季大会、『心皮数を増加させるトマト変異体の解析』(口頭発表)、筑波大学、2014年3月29日〜30日

 

Sri P-I,有泉亨、江面浩、第125回日本育種学会、『乾燥感受性トマト変異体の単離と特徴付け』(ポスター発表)、東北大学、2014年3月20日〜22日

 

星川健、四方雅人、有泉亨、福田直也、金山喜則、久保康隆、青木考、江面浩、第125回日本育種学会、『ナショナルバイオリソースプロジェ 301 クト「トマト」の成果と展望』(口頭発表)、東北大学、2014年3月20日〜22日

 

Ariizumi T
"Exploring Molecular Aspects of Fruit Set Initiation in Tomato"<invited>Kickoff symposium for Tsukuba-Norwich Collaborative Research Networks
~Symbiosis between Human and the Planet Earth~, University of Tsukuba, Japan, 2014年3月14日

 

Ariizumi T, Hao S, Shinozaki Y, Okabe Y, Zheng Y, Fei Z, Zhong S, Giovannoni J, Rose K and Ezura H
"The identification of a novel fruit size mutant in tomato."<invited>International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiatives (JSOL), Osaka Prefectural University, Japan, Nov. 29th and 30th, 2013

 

Ariizumi T, Hao S, Shinozaki Y, Okabe Y, Zheng Y, Fei Z, Zhong S, Giovannoni J, Rose K and Ezura H
" Development of induced mutant resources for functional genomics of tomato."<invited> International Symposium on Diversifying Biological Resources. University of Tsukuba, Japan, Nov. 20th and 21th, 2013

 

Nelson S, Ariizumi T & Steber CM
『Microarray analysis of SLEEPY seeds to understand the mechanisms of seed dormancy and after-ripening.』(ポスター発表)、International Symposium on Diversifying Biological Resources.、University of Tsukuba, Japan.、Nov. 20th and 21th, 2013

 

Okabe Y, Ariizumi T & Ezura H
『Characterization of Tomato APETALA3 (TAP3) mutants showing aberrant stamen and parthenocarpic fruit development.』(ポスター発表)、International Symposium on Diversifying Biological Resources.、University of Tsukuba, Japan.、Nov. 20th and 21th, 2013

 

Chusreeaeom K, Ariizumi T, Asamizu E, Okabe Y & Ezura H
『Mapping of a tomato (Solanum lycopersicum L.) elongated fruit mutant with affected the cell layer and enhanced transcription level of cell division-related gene. 』(ポスター発表)、International Symposium on Diversifying Biological Resources.、University of Tsukuba, Japan.、Nov. 20th and 21th, 2013

 

Masuda J, Ariizumi T & Ezura H
『Production of mutant collections by FOX-hunting system in Tomato (Solanum lycopersicum).』(ポスター発表)、International Symposium on Diversifying Biological Resources.、University of Tsukuba, Japan.、Nov. 20th and 21th, 2013

 

Sri P-I, Ariizumi T & Ezura H
『Isolation and Characterization of Tomato Mutants Associated with Drought Sensitivity and their Response to Abscisic Acid. 』(ポスター発表)、International Symposium on Diversifying Biological Resources.、University of Tsukuba, Japan.、Nov. 20th and 21th, 2013

 

Ezura K, Kim J-S, Ariizumi T & Ezura H
『Toward production of parthenocarpic GM tomato. 』(ポスター発表)、Tsukuba Global Science Week 2013、University of Tsukuba, Japan.、Oct2nd to Oct 4th, 2013

 

Hao S, Ariizumi T, Hirakawa H, Shirasawa K, Kojoma M, Sakakibara H and Ezura H
『Phytohormone and its regulatory gene expression of tomato changed by domestication. 』(ポスター発表)、Tsukuba Global Science Week 2013、University of Tsukuba, Japan.、Oct2nd to Oct 4th, 2013

 

有泉亨・江面浩
『ゲノム情報学を利用したトマトの果実形成に関する包括的研究 』<招待講演>、平成25年度秋期園芸学会 岩手大学 2013年9月20日~9月22日

 

羽尾周平、有泉亨、平川英樹、白澤健太、小嶋美紀、榊原均、江面浩
『トマトの栽培化で変動した植物ホルモンとその調節遺伝子発現』(ポスター発表)、平成25年度秋期園芸学会、岩手大学、2013年9月20日~9月22日

 

Shikata M, Hoshikawa K, Ariizumi T, Fukuda N, Kanayama Y, Kubo Y, Aoki K & Ezura H
『Tomato bioresources in Japan: Collection of Micro-Tom mutants and full-length cDNA.』(口頭発表)、The 5th Asian Network of Research Resource Centers (ANRRC)、Shonan Village Center, Hayama, Japan、Oct 30th to Nov 1, 2013

 

Shikata M, Hoshikawa K, Ariizumi T, Yamazaki Y, Fukuda N, Kanayama Y, Kubo Y, Aoki K & Ezura H
『Tomato bioresources: Comprehensive collection of Micro-Tom mutants and full-length cDNA.』(ポスター発表)、10th Solanaceae Conference (SOL 2013)、Beijing, China、Oct 13th-17th, 2013

 

星川健、有泉亨、山崎由紀子、福田直也、金山喜則、久保康隆、青木考、江面浩
『ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」の成果と将来の展望』(ポスター発表)、育種学会秋季大会 第124回講演会、鹿児島大学、2013年10月12日〜13日

 

チュウシイヤムカタラット、浅水恵理香、有泉亨、岡部佳弘、江面浩
『Characterization and genetic mapping of Micro-Tom mutants exhibiting elongated fruit shape.』(口頭発表)第123回日本育種学会、東京農業大学、2013年3月26〜28日

 

柴田睦子、棚瀬(日和佐)京子、有泉亨、江面浩
『メロン日持ち性関連遺伝子の一塩基多型』(口頭発表)、第123回日本育種学会、東京農業大学、2013年3月26〜28日

 

Kimura A, Ariizumi T, Okabe Y, Saito T, Asamizu E, Sakakibara S, Kojima M, Ezura H
『 Characterization of tomato bubble fruit mutants which form bubble-like fruit structure at the tip of fruit. 』(口頭発表)第54回日本植物生理学会、岡山大学、2013年3月21〜23日

 

森哲哉、羽尾周平、小林誠、西澤具子、岡咲洋三、有泉亨、江面浩、斉藤和季、草野都
『オミックス解析によるトマト単為結果制御因子の探索に向けて:トマト雌蕊サンプルの調製方法の検討』(ポスター発表)、第54回日本植物生理学会、岡山大学、2013年3月21〜23日

 

星川健、有泉亨、山崎由紀子、福田直也、金山喜則、久保康隆、青木考、江面浩
『 ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」のこれまでの成果と将来展望』(ポスター発表) 第54回日本植物生理学会、岡山大学、2013年3月21〜23日

 

Kimura A, Ariizumi T, Okabe Y, Asamizu E, Sakakibara H, Kojima K, Ezura H
Analysis of effect of the bubble fruit mutation on pistil development, ploidy levels, and fruit structure in tomato.(口頭発表) International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2013, 2013年2月8日~9日. 筑波大学

 

Shinozaki Y, Hao S, Zheng Y, Fei Z, Zhong S, Giovannoni J, Rose JK, Ezura H, & Ariizumi T
RNA-seq based Transcript Profiling of Auxin-dependent Fruit Set in Tomato. (口頭発表)International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2013, 2013年2月8日~9日. 筑波大学

 

Ken Hoshikawa, Tadayohsi Hirai, Tohru Ariizumi, Yamazaki Yukiko, Naoya Fukuda, Yoshinori Kanayama, Yasutaka Kubo, Koh Aoki, Hiroshi Ezura

Plant and Animal Genome XXI、『National BioResource Project-Tomato: Collection of ‘Micro-Tom’ mutants, genome sequences and full-length cDNAs.』2013年1月12日~16日、San Diego, CA, USA

 

Jun-ichiro Masuda, Tohru Ariizumi, Akane Kimura, Shuhei Hao, Kazuki Mori, Kentaro Ezura, Yoshihiro Okabe, Yoshihito Shinozaki, Yutaka Suzuki, Takeshi Saito, Satoshi Kuhara, Koh Aoki and Hiroshi Ezura

Plant and Animal Genome XXI、『Isolation of new parthenocarpic mutants and pistil-specific promoter for production of parthenocarpic cultivars in Tomato (Solanum lycopersicum) 』2013年1月12日~16日、San Diego, CA, USA

 

Hirai T, Ariizumi T, Fukuda N, Aoki K, Ezura H
『NBRP「トマト」:果実発達研究のモデル植物トマト変異集団の基盤整備』、日本分子生物学会、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、2012年12月11~14日

 

Shibata C, Hiwasa-Tanase K, Ariizumi T, Ezura H
"Single Nucleotide Polymorphism in Genes Accounting for Ethylene Biosynthesis and Perception in Melon and its Possible Involvements in Fruit Ripening Character." (口頭発表)Xth EUCARPIA International Meeting on Cucurbitaceae 2012, October 15th-18th Antalya Turkey

 

 Hiwasa-Tanase K, Shibata C, Ariizumi T, Ezura H

"Characterization of Gene Expression and Protein Accumulation in Melon Ethylene Receptors. "(ポスター発表)Xth EUCARPIA International Meeting on Cucurbitaceae 2012, October 15th-18th Antalya Turkey

 

Hoshikawa K, Hirai T, Ariizumi T, Yukiko Y, Fukuda N,  Kanayama K, Kubo Y, Aoki  K, Ezura H
Asian Network of Research Resource Centers (ANRRC) 2012,

『National BioReourse Project of Tomato in Japan: Collection of Micro-Tom mutants, genome sequence and full-length cDNAs.』(ポスター発表) ,

2012年10月17日~19日 、ShineVille Resort, Jeju Island, Korea

 

平井正良、有泉亨、山崎由起子、福田直也、金山喜則、久保康隆、青木考、江面浩
園芸学会平成24年度秋期大会 、『ナショナルバイオリソースプロジェクト・「トマト」のこれまでの成果と今期の展望』(口頭発表) 、2012年9月22日~24日 、福井県立大学福井キャンパス

 

有泉亨, 木村あかね, 羽尾周平, 森一樹, 江面健太郎, 岡部佳弘, 篠崎良仁, 増田順一郎, 鈴木穣, 斎藤岳士, 久原哲, 青木考, 江面浩
第122回日本育種学会 、『トマト果実分化機構解明に向けた新規遺伝資源開発』(口頭発表) 、2012年9月14日~16日 、京都産業大学

 

Kimura A, Ariizumi T, Okabe Y, Saito T, Asamizu E, Ezura H
第122回日本育種学会 、『Isolation and cytological characterization of tomato bubble fruit mutants.』(ポスター発表) 、2012年9月14日~16日 、京都産業大学

 

Pulungan, S., T. Ariizumi, T. Ezura
第122回日本育種学会 、『Isolation and Characterization of Tomato Mutants Associated with Drought Sensitivity and Effect of this Mutation on Fruit Development.』(ポスター発表) 、2012年9月14日~16日 、京都産業大学

 

Ariizumi T, Saito T, Aoki K, Igarashi K, Yano K, Nagasaki H, Kaminuma E, Toyoda A, Fukuda N, Ezura H

XVth MPMI(International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions)、

『National BioReourse Project Tomato Resources: Micro-Tom mutants, genomesequence and full-length cDNAs.』 (ポスター発表)、July29th to Aug 8th,2012 Kyoto, Japan

 

有泉亨, 羽尾周平,木村あかね,篠崎良仁,岡部佳弘,増田順一郎,江面浩:

日本植物細胞分子生物学会、『単為結果を示すトマト変異体の単離と解析』(口頭発表)、2012年8月、奈良先端科学技術大学

 

Okabe Y, Asamizu E, Ariizumi T & Ezura H

国際エチレン学会(Ethylene 2012)、『 Tomato ethylene receptor mutants Sletr1-1 and Sletr1-2 exhibit different levels of ethylene insensitivity and impaired fruit ripening phenotype.』 (ポスター発表)、19-23 March, 2012, Rotorua, New Zealand

 

Tohru Ariizumi1, Takeshi Saito1, Okabe Yoshihiro1, Kanae Niinuma1, Erika Asamizu1, Chiaki Matsukura1, Naoya Fukuda1, Tsuyoshi Mizoguchi1, Koh Aoki2, Hiroshi Ezura1 
(1:筑波大院・生命環境科学 2:大阪府立大院・生命環境科学)
第53回日本植物生理学会年会、『トマト変異体データベース TOMATOMA』<招待講演>、2012年3月16日、京都産業大学

 

Ariizumi T, Saito T, Okabe Y, Niinuma K, Asamizu E, Matsukura C, Fukuda N, Mizoguchi T, Bres C, Bernillon S, Moing A, Rothan C, Suzuki H, Aoki K & Ezura H
8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Genome Joint Conference SOL&ICuGI 2011. 『Development of forward and reverse genetics tools for functional genomics analysis .』 <招待講演>、2011年11月28日~12月2日、Kobe Convention Center 、Session Chair of NBRP and Related Bioresources.

 

Takeshi T, Ariizumi T, Niinuma K, Asamizu E, Mizoguchi T, Fukuda N, Matsukuba C, Yamazaki Y, Aoki K & Ezura H

8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011),、『National BioResource Project-Tomato: Development of miniature cultivar 'Micro-Tom' based resources and tomato mutant database TOMATOMA.』(ポスター発表) 2011/10/28、 Kobe Convention Center

 

Chusreeaeom K, Asamizu E, Okabe Y, Saito T, Ariizumi T & Ezura H

8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)、『 Isolation of novel long fruit mutants from Micro-Tom mutant population. 』(ポスター発表)、2011/10/28、 Kobe Convention Center

 

Kakami R, Ariizumi T, Asamizu E, Bernillon S, Moing A, Shiraiwa K, Saito T, Okabe Y, Rothan C & Ezura H

8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)、『Isolation and biochemical analysis of tomato mutants defective in pigment accumulation. 』(ポスター発表)、2011/10/28、 Kobe Convention Center

 

Hao S, Ariizumi T, Saito T & Ezura H

8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011),、『Cytological dissection of tomato carpel mutants. 』(ポスター発表)、2011/10/28、Kobe Convention Center

 

Kimura A, Ariizumi T, Okabe Y, Saito T, Asamizu E & Ezura H

8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)、『Genetic and cytological characterization of Micro-Tom bubble fruit mutants. 』(ポスター発表)、2011/10/28、Kobe Convention Center

 

有泉亨, 斎藤岳士,新沼協,浅水恵理香,山崎由紀子,溝口剛,福田直也,松倉千昭,青木考,江面浩

第29回日本植物細胞分子生物学会、『NBRPトマト・リソースの活用状況と将来展望』(口頭発表)、 2011/09、九州大学

 

Tohru Ariizumi
Joint International Symposium on Japanese Solanaceae/Cucurbitaceae Genomics Initiatives. 、『Current Status and Future Prospect of NBRP Tomato.』<招待講演> 、2011年3月5日 、Okayama University

 

有泉亨、斎藤岳士、浅水恵理香、福田直也、松倉千昭、溝口剛、江面浩

日本分子生物学会 BMB2010、『トマト変異体集団の基盤整備』(ポスター発表)、2010/12 、神戸国際会議場

 

Ariizumi T, Saito T, Okabe Y, Asamizu E, Fukuda N, Matsukura C, Mizoguchi T, Yamaguchi Y, Aoki K, Ezura H

The 2nd Meeting of Asian Network of Research Resource Centers (ANRRC)、『Development of saturated mutant populations and large-sale full-length cDNAs in tomato.』<招待講演>、 October 28th (2010)、RIKEN BioResource Center, Tsukuba, Japan.