このサイトについて

 

学会発表

川田清和

清野達之・宮田恵美・高久朋子・菊地亜矢子・川田清和・上條隆志
『八ケ岳東麓の湿地林における立地環境の違いによる8年間の樹木更新動態』(ポスター発表)、日本生態学会 第63回大会 東北大学、2016年3月20日~24日

 

石橋宙佳・山路恵子・田村憲司・烏云娜・宋彦涛・上條隆志・川田清和
『フルンボイル草原における放牧ストレス強度の異なる環境に生育するAllium polyrhizumの化学的防御能と内生微生物』(ポスター発表)、日本生態学会 第63回大会 東北大学、2016年3月20日~24日

 

小熊宏一郎・田村憲司・川田清和・ウンダルマー・ジャムスラン
『モンゴル国森林ステップ-ステップ移行帯の土壌特性』(ポスター発表)、日本ペドロジー学会2016年度大会、琉球大学、2016年3月4日

 

Inaba, M., Gong, Z., Jing, H., Kawamura, K., Goto, M., Kawada, K., Asano, A., Tajima, A., Ishikawa, N.
"Difference of phosphate absorptive coefficient in Siziwang and Xilingol in Inner Mongolia." (ポスター発表)Ag-ESD Symposium, November 16-20, 2015,University of Tsukuba, Japan.

 

川田清和
日本沙漠学会 沙漠誌分科会研究会、『モンゴルのヒツジは何をどれくらい食べているのか?』<招待講演>、2015年11月15日、首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス

 

川田清和・Narangerel Batamgalan・Diimaa Sangi・Jamsran Undarmaa『モンゴルフスタイ国立公園におけるヒツジの資源選択性に関する研究』(口頭発表)、日本沙漠学会第26回学術大会、2015年5月24日、秋田カレッジプラザ

 

Li Hao, Kiyokazu Kawada, Haruka Ohashi, Takashi Kamijo, Undarmaa Jamsran
第126回日本森林学会、『モンゴルテレルジ国立公園におけるシベリアカラマツと温帯草原の移行帯におけるその年齢構造』(ポスター発表)、2015年3月27日、北海道大学

 

松本麻子・杉山沙織・川田清和・津村義彦
第126回日本森林学会、『チュニジアに分布するQuercus4種の遺伝的特徴』(ポスター発表)、2015年3月27日、北海道大学

 

Kiyokazu Kawada, Narangerel Batamgalan, Diimaa Sangi, Undarmaa Jamsran
The 2nd Morocco-Japan Symposium、"A study on the quantification of sheep grazing pressure in Mongolia"(口頭発表)、2015年3月3日、IAV Hassan II, Rabat, Morocco

 

川田清和・鈴木康平・菅沼秀樹・Abderrazak Smaoui・礒田博子
日本沙漠学会 秋季シンポジウム、『チュニジア・チャンビ国立公園における植生保護効果について。』<招待講演>、2014年11月15日、東京農工大学

 

松本麻子・杉山沙織・川田清和・津村義彦
第3回森林遺伝育種学会大会、『チュニジアに分布する Quercus4種の遺伝的特徴』(口頭発表)、2014年11月7日、東京大学

 

川田清和・大橋春香・Hao LI・Sumya OYUNSUVD・Jamsran UNDARMAA・上條隆志・田村憲司
植生学会第19回大会 、『モンゴルの森林-草原境界部における群落組成の変化パターン』(口頭発表)、2014年10月19日、 朱鷺メッセ、新潟

 

K.KAWADA, K.SUZUKI, H.SUGANUMA, A.SMAOUI, H.ISODA
2nd International Conference on Arid Lands Studies、"Protective effects of vegetation in Chambi National Park in Tunisia "(ポスター発表)、2014年9月11日、Samarkand State University, Samarkand, Uzbekistan

 

K.OGUMA, K.TAMURA, T.KAMIJO, K.KAWADA, U. JAMSRAN
2nd International Conference on Arid Lands Studies、"Characteristics of soil under the forest steppe in Mongolia"(ポスター発表)、2014年9月11日、Samarkand State University, Samarkand, Uzbekistan

 

川田清和・Abderrazak Smaoui・礒田博子

日本沙漠学会 第25回大会、『チュニジア中部におけるローズマリーの過伐採による周辺環境の変化』(ポスター発表)、2014年5月31日、東京都市大学横浜キャンパス

 

胡暁星・上條隆志・烏云娜・川田清和

日本沙漠学会 第25回大会、『内モンゴル新バルグ右旗における草原の種組成の年変動と放牧圧の関係』(ポスター発表)、2014年5月31日、東京都市大学横浜キャンパス

 

内田莉紗、梅木清、平尾聡秀、鈴木智之、川田清和、大橋春香、本庄毅

第125回日本森林学会、『航空機LiDARデータを使用した林床のササ稈密度の推定』(ポスター発表)、2014年3月26~30日、大宮ソニックシティー

 

Li Hao, Kiyokazu Kawada, Haruka Ohashi, Sumya Oyunsuvd, Undarmaa Jamsran, Kenji Tamura, Takashi Kamijo

第125回日本森林学会、『モンゴル国テレルジ国立公園の森林-草原移行域におけるLarix sibirica林の構造的特徴』(ポスター発表)、2014年3月26~30日、大宮ソニックシティー

 

Kiyokazu Kawada, Wuyunna, Toru Nakamura

Internal Symposium on Diversifying Biological Resources、『A biodiversity loss caused by multipurpose agricultural utilization of steppe in Inner Mongolia』<招待講演>、2013年11月20~21日、筑波大学

 

Li Hao, Kiyokazu Kawada, Haruka Ohashi, Sumya Oyunsuvd, Undarmaa Jamsran, Kenji Tamura

Internal Symposium on Diversifying Biological Resources、『The forest dynamic of Taiga forest and steppe ecotone region of Terelj National Park, Mongolia』(ポスター発表)、2013年11月20~21日、筑波大学

 

Atsushi Kawachi, Yoshie Kawamura, Kiyokazu Kawada, Zouhaier Bouallagui, Sami Sayadi, Hiroko Isoda

The 12th Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2013 (TJASSST 2013)、『Anti-cancer and antioxidant activities of leaf-extracts of Tunisian olive cultivars growing in different regions in Tunisia. 』(ポスター発表)、2013年11月15~17日、Hammamet, Tunisia

 

Anna Ohtera, Yusaku Miyamae, Naomi Nakai, Atsushi Kawachi, Kiyokazu Kawada, Junkyu Han, Hiroko Isoda, Mohamed Neffati, Toru Akita, Kazuhiro Maejima, Seiji Masuda, Taiho Kambe, Naoki Mori, Kazuhiro Irie, and Masaya Nagao

The 12th Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2013 (TJASSST 2013)、『Identification of 6-Octadecynoic acid from Marrubium vulgare L. as a PPARγ agonist. 』(ポスター発表)、2013年11月15~17日、Hammamet, Tunisia

 

Yusaku Miyamae, Tokio Hasegawa, Ryoma Abe, Kawada Kiyokazu, Atsushi Kawachi, Junkyu Han, Hiroko Isoda,Mohamed Neffati, Naoki Mori, Kazuhiro Irie, Seiji Masuda, Taiho Kambe, Masaya Nagao

The 12th Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2013 (TJASSST 2013)、『Purification and Identification of PPARγ agonists from Tunisian Plants.』(ポスター発表)、2013年11月15~17日、Hammamet, Tunisia

 

川田清和、黒川巧、角田圭佑、Tsagaanbandi Tsendeekhuu、中村徹

植生学会第18回大会、『モンゴル中西部に分布するステップの群落構造』(口頭発表)、2013年10月13日、仙台市戦災復興記念館

 

川田清和、山下綾香、Tsagaanbandi Tsendeekhuu、中村徹

PLANT BIODIVERSITY AND ECOSYSTEM SERVICES IN CONTINENTAL ASIA (PBESCA – 2013)、『Community structure and productivity in western Mongolian steppe』(ポスター発表)、2013年6月26日~27日、モンゴル国立大学

 

河内敦、川田清和、北原卓、Zouhaier Bouallaguia、Ahmed Wali、Mohamed Ksibi、Sami Sayadi、礒田博子

日本沙漠学会 2013年度 第24回学術大会 、『産地および品種が異なるオリーブ葉抽出液によるヒト乳がん細胞抑制効果の比較』(口頭発表)、2013年5月26日、広島大学

 

Kiyokazu Kawada, Kohei Suzuki, Hideki Suganuma, Abderrazak Smaoui, Hiroko Isoda

セミナーJSPSアジア・アフリカ学術基盤形成事業セミナー、『Sustainable and ecological use of bio-resources in North Africa』<招待講演>、2013年2月27日、筑波大学

 

Saori Sugiyama, Kiyokazu Kawada, Asako Matsumoto, Abderrazak Smaoui, Toru Nakamura, Yoshihiko Tsumura

The 5th. Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies、『Genesic and species diversities on the communities of four Quercus species in the northern Tunisia. 』(ポスター発表)、March 17th to March 21th,2012 Ryukoku University, Seta, JAPAN.

 

Hiroko Isoda, Myra O. Villareal, Abdelfatteh El Omri, Kiyokazu Kawada, Junkyu Han

The 1st Morocco-Japan Symposium、『Use of molecular as a novel approach in the valorization of functional compounds from North African medicinal and aromatic plants.』(口頭発表) 、March 15th to March 16th,2012 Cadi Ayyad University, Marrakesh, Morocco.

 

Kiyokazu Kawada, Kohei Suzuki, Hideki Suganuma, Abderrazak Smaoui, Hiroko Isoda

The 1st Morocco-Japan Symposium、『Protective effects of natural vegetation on the species composition in Chambi National Park in Tunisia. 』 (口頭発表)、March 15th to March 16th,2012 Cadi Ayyad University, Marrakesh, Morocco.