このサイトについて

 

学会発表

今

今 孝悦・岸野友子・小川裕也・Nathaniel Añasco・岡本侑樹・神崎 護・吉川 尚・池島 耕・石川智士
『マングローブの植林が放棄養殖池の底生動物群集に与える影響』(ポスター発表)、平成28年度日本水産学会春季大会、2016年3月26~30日、東京(東京海洋大学)

 

溝口泰彬・池島 耕・竹内加織・岩田夏実・今 孝悦・吉川 尚・Nathaniel Añasco・石川智士
『フィリピン・バタン湾における放棄養殖池とその周辺環境における魚類とエビ類の分布』(ポスター発表)、平成28年度日本水産学会春季大会、2016年3月26~30日、東京(東京海洋大学)

 

堀之内正博・Prasert Tongnunui・古満啓介・今 孝悦・中村洋平・加納光樹・山口敦子・岡本 研・佐野光彦
『タイ国トラン沿岸の潮間帯に存在する海草藻場とその周囲の砂泥地における魚類群集構造』(ポスター発表)、平成28年度日本水産学会春季大会、2016年3月26~30日、東京(東京海洋大学)

 

戸祭森彦・今 孝悦
『虎は死して皮を留め、カキは死して殻を残す』(ポスター発表)、第63回日本生態学会大会、2016年3月20~24日、仙台(仙台市国際センター)

 

Okamoto Y., Añasco N., Ogawa Y., Taberna H., Moscoso A., Nillos M., Pahila I., Kanzaki M., Kon K., Kishino T., Yoshikawa T., kejima K. and Ishikawa S.
“Spatiotemporal variations in δ13C and δ15N values of oyster in Batan Bay, Panay Island, Philippines.” (口頭発表)International Scientific Conference on Fisheries and Aquatic Sciences. 26-27th, January 2016. Iloilo, Philippines.

 

Kishino T., Kon K., Ogawa Y., Añasco N., Okamoto Y., Kanzaki M., Yoshikawa T., Ikejima K. and Ishikawa S.
“Impacts of rehabilitation on benthic faunal community in Batan Bay, Panay Island, Philippines” (ポスター発表)International Scientific Conference on Fisheries and Aquatic Sciences. 26-27th, January 2016. Iloilo, Philippines.

 

岸野友子・今 孝悦・小川裕也・Nathaniel C. Añasco・岡本侑樹・神崎 護・吉川尚・池島 耕・石川智士、『フィリピン・バタン湾におけるマングローブ植林がベントス群集に与える影響』(ポスター発表)第5回同位体環境学シンポジウム.京都(総合地球環境学研究所).2015年12月25日

 

Tomatsuri M. and Kon K.
“Carnivorous snail provides shelter for macroinvertebrates.” Conservation of Marine Biodiversity under Global Environmental Change. Tokyo, Japan. 7th November 2015. (Poster)

 

岡本侑樹・武藤 望・今 孝悦・渡邉一哉・吉川 尚・Jintana Salaenoi・石川智士.『Spatiotemporal variations in δ13C and δ15N values of demersal fishes captured by small scale fisheries in Bandon Bay, Southern Thailand.』(口頭発表)、平成27年度日本水産学会秋季大会、仙台(東北大学)、2015年9月24日

 

山田秀秋・福岡弘紀・中本健太・早川 淳・河村知彦・今 孝悦.『石垣島名蔵湾におけるリュウキュウアマモの生産量変動様式』(ポスター発表)、平成27年度日本水産学会秋季大会、仙台(東北大学)、2015年9月23日

 

有元貴文・Udom Khrueniam・Kamolrat Phuttaraksa・Aussanee Munprasit・Taweekiet Amornpiyakrit・Nopporn Manajit・吉川 尚・今 孝悦・石川智士・岡本侑樹.『タイ国ラヨン県定置網の技術移転後の12年間の経緯』(口頭発表)、平成27年度日本水産学会秋季大会、仙台(東北大学)、2015年9月23日

 

Tomatsuri M. and Kon K.
"Predator is also an architect! Reforming oyster into suitable habitat." The 8th Japan-China-Korea Graduate Student Forum 2015. Tsukuba, Japan. 18th September 2015. (Oral)

 

岸野友子・今 孝悦.『静岡県下田市大賀茂川河口域におけるハマボウ群生地のマクロベントス群集構造』(ポスター発表)、2015年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、札幌(北海道大学)、2015年9月2日~5日

 

戸祭森彦・今 孝悦.『イボニシの捕食を介して提供される新規生息場の役割』(口頭発表)、2015年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、札幌(北海道大学)、2015年9月2日~5日

 

今 孝悦・沖 隆宏
平成27年度日本水産学会春季大会、『伊豆半島南部に来遊する死滅回遊魚の生息地選択』(ポスター発表) 、 2015年3月27-31日、東京海洋大学(東京)

 

堀之内正博・Prasert Tongnunui・古満啓介・今 孝悦・中村洋平・加納光樹・山口敦子・岡本 研・佐野光彦 、 平成27年度日本水産学会春季大会、『タイ国トラン沿岸域に形成されたHalophila ovalis海草藻場とその周囲の砂泥地における魚類群集構造の違い』(ポスター発表)、 2015年3月27-31日、東京海洋大学(東京)

 

Khrueniam U., Arimoto T., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., and Arnupapboon S.
“The mean trophic level of set-net catch in Rayong, Thailand, based on stable isotope analysis.” (ポスター発表) The 2015 spring meeting of the Japanese Society of Fisheries Science. 27-31, March 2015. Tokyo, Japan.

 

Okamoto Y., Ishikawa S., Anasco N., Taberna H., Moscoso A., Nillos M., Pahila I., Ogawa Y., Kanzaki M., Kon K., Kishino T., Yoshikawa T., and Ikejima K
“Food Web Structure of Batan Bay, Panay Island, Philippines: A preliminary study using CN stable isotope analysis on fishery products” (ポスター発表) The 2015 spring meeting of the Japanese Society of Fisheries Science. 27-31, March 2015. Tokyo, Japan.

 

鈴木葉津海・ 孝悦・山田秀秋 、 第62回日本生態学会大会、『沖縄県石垣島のマングローブ汽水域における底生動物の群集構造と資源利用』(口頭発表) 、 2015年3月18-22日、鹿児島大学(鹿児島)

 

戸祭森彦・今 孝悦 、第62回日本生態学会大会、 『イボニシの餌選好性変化時期とその餌種の個体群動態の関連性』(ポスター発表) 2015年3月18-22日、鹿児島大学(鹿児島)

 

今 孝悦 ・岸野友子・石川智士
第4回同位体環境学シンポジウム、『砂浜域における漂着海藻の機能評価』(ポスター発表)、 2014年12月22日、総合地球環境学研究所(京都)

 

戸祭森彦・今 孝悦
2014年度 日本生態学会 中部地区大会『イボニシの食性から食物網の安定性を探る 〜餌選好性の変化に着目して〜』(ポスター発表)、 2014年12月6日、信州大学(長野)

 

小玉将史・戸祭森彦・今 孝悦
2014年度 日本生態学会 中部地区大会『ホンヤドカリにおける繁殖戦略の可塑的な変化』(ポスター発表) 、 2014年12月6日、信州大学(長野)

 

Ikejima K., Takeuchi K., Kon K., Yoshikawa T., Anasco N., and Ishikawa S.
“Distribution of Juvenile Shrimps and Fishes in Abandoned Fishponds in Batan Bay Estuary, Philippines: A Preliminary Analysis with Potential Natural Disturbance”(口頭発表)International Scientific Conference on Fisheries and Aquatic Sciences: Towards disaster and climate resilience. 22-23rd, October 2014. Iloilo, Philippines.

 

Tomatsuri M., and Kon K.
“Effects of Species Composition on the Prey Preference of the Muricid Snail, Thais (Reishia) clavigera.” (口頭発表) The 2nd Asian Marine Biology Symposium 2014. 1-4th, October 2014. Jeju, Korea.

 

Kodama M., and Kon K.
“The first report of the genus Cephaloecetes Just, 2012 (Crustacea: Amphipoda: Ischyroceridae), from the coastal shallow bottom of Izu Peninsula, central Japan.” (口頭発表) The 2nd Asian Marine Biology Symposium 2014. 1-4th, October 2014. Jeju, Korea.

 

有元貴文・Khrueniam U.・Manajit N.・吉川 尚・今 孝悦・岡本祐樹・石川智士
平成26年度日本水産学会秋季大会、『平均栄養段階によるタイ国定置網のインパクト評価 - Selective fishing vs. Balanced harvesting』(口頭発表)
2014年9月20日、九州大学(福岡)

 

Khrueniam U., Arimoto T., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Yap M., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., and Arnupapboon S.
“Enrichment factor examination with stable isotope analysis for trophic level of set-net catch in Rayong, Thailand.”(ポスター発表)The 2014 autumn meeting of the Japanese Society of Fisheries Science. 20th, September 2014. Kyusyu, Japan.

 

戸祭森彦・今 孝悦
2014年度日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会、『種組成はイボニシの餌選好性に影響を与え得るか』(口頭発表)、2014年9月5日、広島大学(広島)

 

Kon K.
“Impacts of allochthonous inputs on benthic faunal community in estuarine sand-flat.” (口頭発表)Seminar on Japanese-type set-net introduction and its possible impacts on the food chain structure in Rayong, Thailand. 29th, June 2014. Shizuoka, Japan.

 

Khrueniam U., Arimoto T., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Yap M., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., Laongmanee P., and Arnupapboon S.
“Trophic level estimation of the set-net catch by stable isotope analysis in Rayong, Thailand.”(口頭発表)Seminar on Japanese-type set-net introduction and its possible impacts on the food chain structure in Rayong, Thailand. 29th, June 2014. Shizuoka, Japan.

 

Okamoto Y., Kon K., Watanabe K., Yoshikawa T., Salaenoi J., and Ishikawa S.
“Spatial-temporal food web structure of bivalves aquaculture in Bandon bay, Southern Thailand, using carbon and nitrogen stable isotope analysis.” (口頭発表)Seminar on environmental studies in Bandon Bay, Surat Thani, Thailand. 18th, May 2014. Shizuoka, Japan.

 

ArimotoT., Khrueniam U., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., Manajit N., Amornpiyacrit T., Yingyuad W., and Munprasit A.
“Mean trophic level analysis as indicator for balanced harvesting - Cast study on Japanese-type set-net, in Thailand.”(口頭発表)ICES-FAO Working Group on Fishing Technology and Fish Behaviour. 4-10th, May 2014 Massachusetts, USA.

 

Okamoto Y., Kon K., Watanabe K., Yoshikawa T., Salaenoi J., and Ishikawa S.
“Preliminary survey on food-web structure and water characteristics of bivalve aquaculture area in Bandon bay, Surat Thani province, Thailand.” (ポスター発表)WESTPAC 9th International Scientific Symposium.23rd, April 2014. Nha Trang, Vietnam.

 

今 孝悦・Udom Khrueniam・有元貴文・吉川尚・岡本侑樹・石川智士
平成26年度日本水産学会春季大会ミニシンポジウム「微量元素・同位体を指標とした沿岸域の物質動態研究の現状と展望」、『タイ・ラヨーン沿岸における定置網漁獲物の栄養段階』<招待講演>、2014年3月31日、北海道大学(函館)

 

岡本侑樹・石川智士・今 孝悦・渡邉一哉・吉川尚・Jintana Salaenoi
平成26年度日本水産学会春季大会ミニシンポジウム「微量元素・同位体を指標とした沿岸域の物質動態研究の現状と展望」、『タイ南部バンドン湾の貝類養殖域における食物網構造』<招待講演>、2014年3月31日、北海道大学(函館)

 

岸野友子・今 孝悦
平成26年度日本水産学会春季大会、『漂着海藻は砂浜生物の群集構造に影響するのか?』(口頭発表)、2014年3月28日、北海道大学(函館)

 

Khrueniam U., Arimoto T., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Yap M., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., Laongmanee P., and Arnupapboon S.
“Trophic level estimation of the set-net catch in Rayong, Thailand, based on stable isotope analysis of muscle tissues and stomach contents.” (口頭発表)The 2014 spring meeting of the Japanese Society of Fisheries Science. 28th, March 2014. Hokkaido, Japan.

 

鈴木葉津海・ 孝悦・山田秀秋
第61回日本生態学会大会、『マングローブ河口域における底生動物群集の資源利用』(ポスター発表)、2014年3月16日、広島国際会議場(広島)

 

戸祭森彦・今 孝悦
第61回日本生態学会大会、『イボニシ Thais (Reishia) clavigera の食性から食物網のレジリエンスを探る』(ポスター発表)、2014年3月16日、広島国際会議場(広島)

 

Tongnunui P., Yoknoi N., Pechnoi P., Yamada H., Kon K.
“The first record of female maturation of shot finned eel, Anguilla bicolor bicolor in coastal waters of Thailand”(口頭発表) Asian Fish Biodiversity Conference 2014. February 12-13, 2014. Penang, Malaysia.

 

Khrueniam U., Arimoto T., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Minlee Y., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., Laongmanee P. and Arnupapboon S.
“Trophic level analysis of set-net catch species, in comparison with environmental levels in Rayong, Thailand.”(ポスター発表)
The 3rd symposium on isotope environmental studies. December 17-18, 2013. Kyoto, Japan.

 

今 孝悦・石川智士
第3回同位体環境学シンポジウム、『河口域における底生動物群集の食物網構造の推定』(ポスター発表)、2013年12月17-18日、総合地球環境学研究所(京都)

 

今 孝悦
第11回環境研究シンポジウム、『河口域から読み解く生態系の繋がり』(ポスター発表)、2013年11月13日、学術総合センター<招待講演>

 

Khrueniam U., Arimoto T., Yoshikawa T., Kon K., Okamoto Y., Minlee Y., Ishikawa S., Phuttharaksa K., Munprasit R., and Laongmanee P.
“Stable isotope analysis of set-net catch in Rayong, Thailand.”(ポスター発表)
The 2013 autumn meeting of the Japanese Society of Fisheries Science. September 19-22, 2013, Mie, Japan.

 

Kon K., Tongnunui P., Kawamura T. and Kurokura H.
“Do allochthonous inputs represent an important food resource for benthic macrofaunal communities in estuarine mudflats?”(ポスター発表)
The First Asian Marine Biology Symposium. December 13-17th, 2012, Phuket, Thailand.

 

加納光樹、中山聖子、風呂田利夫、 孝悦、小林 光
第6回東京湾海洋環境シンポジウム、「東京湾再生の将来ビジョン」『汽水域の生息環境回復[陸と海の境界:塩生湿地]』<招待講演> 、2012年11月30日、東京海洋大学(東京)

 

加納 光樹、中山 聖子、碓井星二、金子誠也、百成渉、風呂田利夫、柚原 剛、今孝悦

2012年度日本魚類学会年会、『東日本大震災によって新浜湖の塩性湿地魚類群集に生じた変化』(ポスター発表)、2012年9月22日、水産大学校(下関)

 

今孝悦、黒倉壽、河村知彦

平成24年度日本水産学会春季大会、『熱帯河口干潟の食物網における他生的資源の役割』(口頭発表)、2012年3月27日、東京海洋大学(東京)

 

山田秀秋、今孝悦、福岡弘紀、下田徹、甲斐清香、小林真人、河村知彦、大土直哉
平成23年度日本水産学会九州支部大会、『熱帯藻場生態系における食物網構造の概況把握』(口頭発表)、2012年1月28日、鹿児島大学(鹿児島市)