このサイトについて

 

学会発表

新里高行

新里高行, 村上久, 三具和希, 都丸武典, 西山雄大, 園田耕平, 郡司ペギオ幸夫
 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 ,『 群れが形成するネットワークからみる図地構造』 (口頭発表)、 名古屋国際会議場, 2015年12月15日

 

村上久, 新里高行, ,都丸武宜, 西山雄大, 郡司ペギオ幸夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、『内的ゆらぎの群れ内情報伝達への貢献』 (口頭発表) 、 名古屋国際会議場、2015年12月15日

 

園田耕平, 村上久, 新里高行,  飯塚浩二郎, 郡司ペギオ幸夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、『非対称な接触による群れの行動』 (口頭発表) 、 名古屋国際会議場、2015年12月15日

 

郡司ペギオ幸夫,  村上久, 都丸武宜,  新里高行
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、『ミナミコメツキガニの群れに認められる逆ベイズ推論』 (口頭発表)
名古屋国際会議場、2015年12月15日

 

Takayuki Niizato, Hisashi Murakami, Kazuki Sangu, Takenori Tomaru, Yuta Nishiyama, Kohei Sonoda and Yukio Gunji. 
"Difference in the searching strategy of Plecoglossus altivelis between single individuals and groups "(Oral) ,SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics. , Kyoto University., 2015. 10. 28. 

 

Kohei Sonoda, Hisashi Murakami, Takayuki Niizato, Yukio Gunji. 
"Field of Safe Travel in Swarm "(Oral) , SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics. ,Kyoto University. ,2015. 10. 28. 

 

Hisashi Murakami, Takayuki Niizato, Takenori Tomaru, Yuta Nishiyama, and Yukio Gunji. 
"Schooling fish change internal movement strategy due to their density" (Oral)
Kyoto University. ,SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics. ,2015. 10. 28. 

 

Yukio Gunji, Hisashi Murakami, Takenori Tomaru, Takayuki Niizato.  
"Following the Shadow beyond Pursuit and Escape Mechanism in the Swarm of Soldier Crabs." (Oral) ,SWARM 2015: The First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics.,Kyoto University. 2015. 10. 28. 

 

新里高行, 村上久, 三具和希, 都丸武典, 西山雄大, 園田耕平, 郡司ペギオ幸夫
第53回生物物理学会 、『少数個体がつくるアユの群れに内在する相互作用構造』 (ポスター発表) 、 金沢大学, 2015年9月15日

 

新里高行,村上久, 三具和希,都丸武宜, 西山雄大, 園田耕平, 郡司ペギオ幸夫
第62回日本生態学会、『実験的・理論的見地からみる評価の二重性をともなう群れ』 (口頭発表)、鹿児島大学、2015年3月20日

 

Hisashi Murakami, Takenori Tomaru, Takayuki Niizato, Yuta Nishiyama, Kohei Sonoda, Toru Moriyama, Yukio-Pegio Gunji.
20th International Symposium on Artificial Life and Robotics、『Collective behavior of soldier crab swarm in both ring- and round-shaped arenas 』 (口頭発表)、B-Con Plaza Beppu, Japan、2015年1月21日

 

新里高行,村上久, 三具和希,都丸武宜, 西山雄大, 園田耕平, 郡司ペギオ幸夫
第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会、『少数個体の作る群れ からみる群れの起源』 (口頭発表)、東京ビックサイト、2014年12月15日

 

新里高行, 村上久, 三具和希,都丸武宜, 西山雄大, 園田耕平, 郡司ペギオ幸夫
『少数個体からなる群れからみる群れの起源』第30回個体群生態学会.筑波大学、2014.10.11. (ポスター)

 

新里高行, 村上久, 都丸武宜, 西山雄大, 園田耕平, 郡司ペギオ幸夫
『魚たちができること―実験的視点から―』 第52回日本生物物理学会.札幌コンベンションセンター. 2014.9.26. (ポスター)

 

Hisashi Murakami, Takayuki Niizato and Yukio-Pegio Gunji.
" Noise in Shoaling Fish Appears as Several Power-law Behaviors." Proceedings of European Conference on Complex Systems 2014. Lucca, Italy. 2014. 9.22-9.26.(ポスター)


Kohei Sonoda, Hisashi Murakami, Takayuki Niizato and Yukio-Pegio Gunji.
" Propagating waves in fl ocks: a simulation study" Proceedings of European Conference on Complex Systems 2014. Lucca, Italy. 2014. 9.22-9.26.(ポスター)

 

Takayuki Niizato, Hisashi Murakami, Takenori Tomaru, Yuta Nishiyama, Kohei Sonoda and Yukio-Pegio Gunji.
" Various Power-law Behaviors in Fish schools from Empirical Results." JSMB/SMB 2014 Osaka. 2014. 7. 29. (ポスター)

 

新里高行 村上久 郡司ペギオ幸夫
2014年度人工知能学会全国大会、『I群れの運動の内在的な切り替え』(口頭発表)、2014年5月13日 、ひめぎんホール(愛媛県松山市)

 

Takayuki Niizato.
TOWARD A SCIENCE OF CONSCIOUSNESS 2014 、"Dynamical Identity of Self as the Concept System on Category Theory." (ポスター発表)、2014年4月25日 、Tucson,Arizona-USA

 

新里高行
19th International Symposium on Artificial Life and Robotics 、"Weak identity from Section-Retraction Perspective on Category theory"

(口頭発表)、2014年1月22日~24日 、B-Con Plaza Beppu, Japan

 

新里高行
研究会発表 「複雑系の科学」、『Inherent noise in fish school and power law』(口頭発表)、2014年1月20日~21日 、京都大学基礎物理学研究所 パナソニック国際交流ホール

 

新里高行、村上久、郡司ペギオ幸夫
第14回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会、『川魚にみる中規模な群れの内的構造』(口頭発表)、2013年12月18日~20日 、神戸国際会議場

 

Takayuki Niizato
12th European Conference on Artificial Life. 2013、『Multiplicity of Interpretation in an Asynchronous Updating Rule: Emergence of Collective Cognition. 』(ポスター発表)、September 2-6 2013、Taormina. Italy

 

Takayuki Niizato
Behaviour 2013、『Multiplicity of animal interaction in collective behavior』(ポスター発表)、August, 4-8 2013、The Sage NewCastle-Gateshead UK

 

新里高行
第27回人工知能学会、『誘引-忌避の両義性からなる群れと探索・搾取のジレンマ』(口頭発表)、2013年6月4日 、富山国際会議場

 

新里高行
ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 、『誘引-忌避の両義性を担った個体のつくる縄張りとその機能』(ポスター発表)、2013年5月22日~25日 、つくば国際会場

 

村上久(神戸大)、西山雄大(新潟大)、新里高行(筑波大)、榎本洸一郎(未来大)、戸田真志(熊本大)、森山徹、飯塚浩二郎(信州大)、郡司幸夫(神戸大)
ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 、『動的ネットワークとしてのミナミコメツキガニの群れ』(ポスター発表)、2013年5月22日~25日 、つくば国際会場

 

新里高行
第7回内部観測研究会・第24回計測自動制御学会SI部門共創システム部会研究会 、『くちばしは黄色(群れの記号生成・縄張りの研究)』、2012年3月2日~3日 、理化学研究所 和光キャンパス