このサイトについて

 

学会発表

若月泰孝

若月泰孝, 坂本光司, 原政之, 藤田実季子,馬燮銚, 井上忠雄 『気候差分ダウンスケーリング法による領域気候変化予測とその検証』(口頭発表 (日本語))、日本気象学会2015年度秋季大会、2015年10月28日 、京都テルサ (京都府京都市)

 

若月泰孝, 中島康雄『上流下層加湿法による広島豪雨の短時間降水予測』(ポスター (日本語))、日本気象学会2015年度秋季大会、2015年10月28日 、京都テルサ (京都府京都市)

 

若月泰孝, 吉田傑, 原政之, 藤田実季子, 鈴木智恵子, 馬燮銚, 木村富士男, 小池克征
『中部山岳域の大気・陸面の気候変化予測』(口頭発表 (日本語) )、日本気象学会2015年度春季大会、2015年5月24日 "つくば国際会議場 (茨城県つくば市)

 

渡邊智也, 若月泰孝『梅雨前線帯のメソαスケール降水システムの理想化数値実験手法』(ポスター (日本語))、本気象学会2015年度春季大会、2015年5月24日 、つくば国際会議場 (茨城県つくば市)

 

若月泰孝, 渡邊智也『梅雨前線帯のメソαスケール降水システムの理想化数値実験』(ポスター (日本語))、第2回メソ気象セミナー、2015年6月6日 、鹿児島県文化センター宝山ホール (鹿児島県鹿児島市)

 

若月泰孝『気象レーダパラメータを用いた雨滴粒径分布推定手法の開発』(ポスター (日本語))、日本気象学会2015年度春季大会、2015年5月24日、つくば国際会議場 (茨城県つくば市)

 

若月泰孝, 鶴田絢子『弱雨時を対象とした雨量補正モデル』(ポスター (日本語))

日本気象学会2015年度春季大会、2015年5月21日、つくば国際会議場 (茨城県つくば市)

 

因幡直希,若月泰孝 『上流下層加湿による短時間降水予測と対流初期構造の定式化』<招待講演 口頭発表 (日本語)>、 第43回メソ気象研究会、2015年5月20日、気象庁 (東京都千代田区)

 

若月泰孝
第59回水工学講演会、『上流下層加湿による積雲対流の予測実験』(口頭発表)、早稲田大学西早稲田キャンパス(東京都新宿区)、2015年3月12日

 

青山智夫, 若月泰孝
第16回環境放射能研究会、『134Cs/137Cs の環境中のガンマ線束強度計算』(ポスター発表)、大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)、2015年3月9日

 

T. Aoyama, Y. Wakazuki
International workshop on deposition and deposition modeling for nuclear accident releases、『An optimization approach for deposition ratios”, International workshop on deposition and deposition modeling for nuclear accident releases』(ポスター発表)、福島大学環境放射能研究所(福島県福島市金谷川1)、2015年3月2日

 

若月泰孝
The fourth International Symposium on Data Assimilation、『Numerical prediction experiment of cumulus convection by upstream lower-level humidification』(ポスター発表)、独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構(神戸市中央区)、2015年3月2日

 

若月泰孝
名古屋大学地球水循環研究センター研究集会、『上流下層摂動法による短時間降水予測の研究』(口頭発表)、名古屋大学 野依記念学術交流館(名古屋市千種区)、2015年2月23日

 

Y. Wakazuki, T. Aoyama
ISET-R全体会合 、『Simulation of gamma-ray dose rate exhausted from one-point』(ポスター発表)、筑波大学総合研究棟A(茨城県つくば市)、2015年1月10日

 

若月泰孝, 吉田傑, 藤田実季子, 原政之
中部山岳地域環境変動研究機構・2014年度年次報告会、『中部山岳域の大気・陸面環境の気候変化予測に関する研究』(ポスター発表)、信州大学農学部 (長野県上伊那郡南箕輪村)、2014年12月12日

 

若月泰孝, 加藤隆之,日下博幸,田中博
日本気象学会2014年度秋季大会、『山中湖における霧の消散過程の観測:野外実験授業として』(口頭発表)、福岡国際会議場 (福岡県福岡市)、2014年10月23日

 

若月泰孝, 野澤知弘, 並木彩、日本気象学会2014年度秋季大会、『レーダ画像から逆推定した対流発生領域への水蒸気ナッジング実験』(ポスター発表)、福岡国際会議場
(福岡県福岡市)、2014年10月23日

 

Y. Wakazuki
"Regional climate projections with incremental dynamical downscaling method for multi-GCMs"(口頭発表)、Ralinformal seminar、RAL, UCAR Foothills Laboratory Facilities, Boulder, CO, USA、2014年9月19日

 

Y. Wakazuki
"Air-lifting-blending method for generating numerical initial disturbance of cumulus convection."(口頭発表)、International Conference on Mesoscale Meteorology and Tropical Cyclones (ICMCS-X)、Boulder CO USA.、2014年9月17日

 

K. Tanaka, A. Yamada, Y. Onda, Y. Wakazuki
"Clinal Variation in Flowering Time Along Multiple Environmental Gradients Consisting of Altitude and Climatic Conditions in Arabidopsis Kamchatica"(口頭発表)、Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting、Royton Sapporo Hotel, Japan、2014年8月1日

 

Y. Wakazuki, M. Hara, M. Fujita, X. Ma, F. Kimura
"Development of Incremental Dynamical Downscaling and Analysis System for Regional Scale Climate Change Projections"(口頭発表)、Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting、Royton Sapporo Hotel, Japan、2014年8月1日

 

Y. Wakazuki, T. Nozawa
"Air-lifting-blending Method for Generating Numerical Initial Disturbance of Cumulus Convection"(ポスター発表)、Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting、Royton Sapporo Hotel, Japan、2014年7月31日

 

青山智夫, 若月泰孝、日本コンピュータ化学会2014春季年会 、『放射性Gas/SPM反応拡散シミュレータの開発』(ポスター発表)、東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区)、2014年5月29日

 

若月泰孝, 堂山俊貴、日本気象学会2014年度春季大会、『浅水モデルを用いた変分法データ同化における非線形効果の調査』(ポスター発表)、横浜情報文化センター (神奈川県横浜市)、2014年5月24日

 

若月泰孝, 諸岡美菜代、日本気象学会2014年度春季大会、『梅雨前線構造と降水の統計解析』(ポスター発表)、横浜情報文化センター (神奈川県横浜市)、2014年5月24日

 

Y. Wakazuki, T. Aoyama、日本地球惑星科学連合2015年大会、『An approach to chemical reactions in the atmosphere: Application to gas-particles emitted by the Fukushima nuclear accident』(ポスター発表)、パシフィコ横浜 (神奈川県横浜市)、2014年5月2日

 

栗林正俊, 魯南賑,斎藤琢,伊藤昭彦,若月泰孝,村岡裕由、日本生態学会第61回全国大会、『中部山岳域における森林生態系の炭素収支の気候変動影響予測』(ポスター発表)、広島国際会議場 (広島県広島市)、2014年3月17日

 

青山智夫,若月泰孝,末木啓介、第15回環境放射能研究会、『大気化学反応の考察』(ポスター発表)、高エネルギー加速器研究機構 (茨城県つくば市)、2014年3月7日

 

青山智夫,若月泰孝,末木啓介、第15回環境放射能研究会、『2011年3月14日~31日のつくば市のγ線環境』(ポスター発表)、高エネルギー加速器研究機構 (茨城県つくば市)、2014年3月6日

 

若月泰孝、「最新型偏波レーダーとビデオゾンデの同期集中観測と水災害軽減に向けた総合的基礎研究」に関する研究集会、『対流ボーガスを用いた短時間降雨予測手法開発にむけて』(口頭発表)、京都大学防災研究所 (京都府宇治市)、2014年1月4日

 

Masatoshi Kuribayashi,Nam Jin Noh, Taku M. Saitoh, Akihiko Ito, Yasutaka Wakazuki, Hiroyuki Muraoka、中部山岳地域環境変動研究機構・2013年度年次報告会、『Effect of Spatial Resolutions of Climate Data on Estimating Carbon Budget in Forest Ecosystem over Central Japan』(ポスター発表)、菅平高原プチホテルゾンタック (長野県上田市)、2013年11月22日

 

栗林雅俊・若月泰孝、中部山岳地域環境変動研究機構・2013年度年次報告会、『気候モデルと生態系モデルの結合による気候ー生態系変動予測の試み』(口頭発表)、菅平高原プチホテルゾンタック (長野県上田市)、2013年11月23日

 

若月泰孝・上野健一、中部山岳地域環境変動研究機構・2013年度年次報告会、『菅平高原における積雪面上の冷気流観測』(ポスター発表)、菅平高原プチホテルゾンタック (長野県上田市)、2013年11月22日

 

若月泰孝,原政之,藤田実季子,鈴木智恵子,馬燮銚,木村富士男、日本気象学会2013年秋季大会、『中​部​山​岳​域​の​積​雪​期​間​の​気​候​変​化​予​測』(ポスター発表)、仙台国際センター(宮城県仙台市)、2013年11月21日

 

野澤知弘, 若月泰孝、日本気象学会2013年秋季大会、『気塊持ち上げ混合による積雲対流シミュレーションの初期擾乱作成手法』(ポスター発表)、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2013年11月19日

 

Yasutaka WAKAZUKI, Masayuki HARA, Fujio KIMURA
International Workshop on Downscaling 2013、『Development of Incremental dynamical downscaling and analysis system for stochastic regional scale climate change projections3』(口頭発表)、つくば国際会議場 (茨城県つくば市)、2013年10月3日

 

T. Aoyama, Y. Wakazuki、2013年度日本地球化学会第60回年会、『Map of 134Cs/137Cs ratio in Fukushima』(ポスター発表)、筑波大学(茨城県つくば市)、2013年9月13日

 

若月泰孝, 原政之, 吉田傑, 鈴木智恵子、日本地球惑星科学連合2013年大会、『中部山岳域の領域気候実験』(口頭発表)、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2013年5月22日

 

栗林正俊, 魯南賑, 斎藤琢, 若月泰孝, 玉川一郎, 村岡裕由、日本地球惑星科学連合2013年大会、『地域気象モデルWRFの陸面過程の違いが中部山岳域における積雪深の再現性にもたらす影響』(口頭発表)、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2013年5月22日

 

鈴木智恵子, 若月泰孝, 飯塚潤平, 木村富士男、日本地球惑星科学連合2013年大会、『中部山岳域における積雪の再現実験と衛星画像データとの比較』(口頭発表)、幕張メッセ(千葉県千葉市)、2013年5月22日

 

Aoyama, T., Y. Wakazuki, R. Ohmura, Y. Onda、日本地球惑星科学連合2013年大会、『Depositions of radioactive dust in the atmosphere』、幕張メッセ (千葉県千葉市)、2013年5月20日

 

野澤知弘, 若月泰孝、日本気象学会2013年度春季大会、『孤立積雲の再現実験による温位擾乱とモデル対流雲との関係』、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)、2013年5月16日

 

渡邊智也, 若月泰孝、日本気象学会2013年度春季大会、『梅雨前線帯で発生した弧状降水システムの再現実験』、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)、2013年5月15日

 

若月泰孝, 原政之, 藤田実季子, 馬燮銚, 木村富士男、日本気象学会2013年度春季大会、『気候差分ダウンスケーリング法の開発と関東域気候実験』、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)、2013年5月15日

 

若月泰孝、坪木和久、加藤雅也、石井克哉、「名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト」シンポジウム、『雲解像大気モデル“CReSS”を用いた局地的短時間豪雨のシミュレーション』、名古屋大学ES総合館(愛知県名古屋市)、2013年5月8日

 

Wakazuki, Y., M. Hara, M. Fujita, X. Ma, F. Kimura、European Geosciences Union General Assembly 2013、『Development of incremental dynamical downscaling and analysis system for regional scale climate change projections』、Austria Center Vienna, Vienna, Austria、2013年4月11日

 

Koketsu, T., M. Oue, T. Ohigashi, K. Tsuboki, H. Minda, H. Uyeda, K, Suzuki, Y. Wakazuki, E. Nakakita、Conference on Meso-Scale Convective Systems and High-Impact Weather in East Asia、『Validation of Hydrometeor Classification Method for X-band Polarimetric Radars Using Balloon-borne Instruments』、Beijing, China、2013年3月27日

 

岡田牧, 日下博幸, 若月泰孝, 中野美紀, 佐藤友徳, 原政之、第58回気候影響・利用研究会、『温暖化ダウンスケーラの開発』、気象庁(東京都千代田区)、2013年3月22日

 

青山智夫,若月泰孝、シンポジウム「陸域環境研究の現在と未来」、『2011年3月15~16日の福島県の空間線量率シミュレーション』、筑波大学総合研究棟A(茨城県つくば市)、2013年3月16日

 

木村富士男, 若月泰孝、シンポジウム「陸域環境研究の現在と未来」、『陸域環境におけるメソ気象研究』、筑波大学総合研究棟A(茨城県つくば市)、2013年3月16日

 

若月泰孝、平成24年度地球水循環研究センター計画研究報告会・CReSS 15周年研究会、『CReSSを用いた筑波大での研究』、名古屋大学 環境総合館(愛知県名古屋市)、2013年3月4日

 

Aoyama, T., Y. Wakazuki, R. Ohmura, Y. Onda、第14回「環境放射能」研究会、『Estimation of radiations in the atmosphere based on ambient dose rate』、高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)、2013年2月26日

 

清水慎吾, 若月泰孝、つくば竜巻被害調査 日本風工学会「北関東竜巻調査報告会」、『数値シミュレーションおよびデータ同化実験』、日本大学駿河台校舎(東京都千代田区)、2012年12月1日

 

栗林正俊、魯南販、斎藤琢、若月泰孝、村岡裕由、中部山岳地域環境変動研究機構・年次報告会、『地域気象モデルWRFの陸面過程の違いが中部山岳域における地上気象要素の再現性にもたらす影響』、高山市市民文化会館(岐阜県高山市)、2012年12月1日

 

鈴木智恵子、飯塚潤平、木村富士男、若月泰孝、中部山岳地域環境変動研究機構・2012年度年次報告会、『領域気候モデルと衛星画像データを用いた中部山岳域における積雪の再現』、高山市市民文化会館(岐阜県高山市)、2012年12月1日

 

吉田傑、鈴木智恵子、若月泰孝、中部山岳地域環境変動研究機構・2012年度年次報告会、『領域気候モデルによる中部山岳域の降雪の検証:多雪年・小雪年の比較』、高山市市民文化会館(岐阜県高山市)、2012年12月1日

 

若月泰孝、鈴木智恵子、吉田傑、中部山岳地域環境変動研究機構・2012年度年次報告会、『領域気候モデルによる中部山岳域の降水の検証:高解像度化』、高山市市民文化会館(岐阜県高山市)、2012年12月1日

 

纐纈丈晴, 尾上万里子, 大東忠保, 坪木和久, 民田晴也, 上田博, 鈴木賢士, 若月泰孝, 中北英一、第11回降雪ワークショップ、『HYVIS・ビデオゾンデで観測された降水粒子と偏波レーダーによる降水粒子判別の比較』、防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター(新潟県長岡市)、2012年11月8日

 

Wakazuki, Y. R. Ohmura、国際シンポジウム「東日本大震災が残した課題(Emerging issues after the 2011 Tohoku Earthquake)」、『Characteristic feature of precipitation during the Fukushima Daiichi nuclear disaster』、筑波大学総合研究棟D(茨城県つくば市)、2012年11月1日

 

尾上万里子, 坪木和久, 大東忠保, 清水健作, 纐纈丈晴, 若月泰孝, 中北英一、日本気象学会2012年秋季大会、『雲粒子ゾンデHYVISを用いた梅雨期沖縄域における氷晶粒子観測』、北海道大学学術交流会館(北海道札幌市)、2012年10月4日

 

纐纈丈晴, 尾上万里子, 大東忠保, 民田晴也, 上田博, 若月泰孝, 中北英一、日本気象学会2012年度秋季大会、『層状性降水域のHYVIS観測によるXバンド偏波レーダ用降水粒子判別法の検証』、北海道大学学術交流会館(北海道札幌市)、2012年10月3日

 

若月泰孝、若手フェスティバル、『地域スケールの降水の気候変化予測研究とその課題』、筑波大学総合研究棟D(茨城県つくば市)、2012年6月1日

 

若月泰孝, 原政之,藤田実季子,木村富士男,馬燮銚、日本気象学会2012年度春季大会、『パーフェクト実験による疑似温暖化手法の問題点調査:湿度変化』、つくば国際会議場(茨城県つくば市)、2012年5月28日

 

若月泰孝、坪木和久、加藤雅也、石井克哉、「名古屋大学HPC計算科学連携研究プロジェクト」シンポジウム、『雲解像大気モデル“CReSS”を用いた局地的短時間豪雨のシミュレーション』、名古屋大学IB電子情報館(愛知県名古屋市)、2012年5月1日

 

若月泰孝、「最新型偏波レーダーとビデオゾンデの同期集中観測と水災害軽減に向けた総合的基礎研究」に関する研究集会、『Preliminary study on precipitation nowcast using nudging technique with radar-based bogus convections』、京都大学防災研究所(京都府宇治市)、2012年4月3日

 

若月泰孝、陸域環境研究センター平成23年 度年次研究報告会、『コメント「降水予測への挑戦と課題」』、筑波大学総合研究棟A(茨城県つくば市)、2012年3月9日

 

若月泰孝、平成23年度第2回 先端的データ同化と雲解像アンサンブル手法に関する研究集会、『レーダ観測に基づく対流ボーガスナッジングによる降水ナウキャストの基礎研究』、気象研究所 (茨城県つくば市)、2012年2月24日

 

若月泰孝、陸域環境研究センターセミナー、『短時間降雨予測に関する基礎研究』、筑波大学陸域環境研究センター (茨城県つくば市)、2012年2月14日

 

若月泰孝、陸域環境研究センターセミナー、『降水の地域・領域気候変化予測に関する研究』、筑波大学陸域環境研究センター (茨城県つくば市)、2011年12月22日

 

若月泰孝、HyARC共同研究 平成23年度 名古屋大学 地球水循環研究センター共同研究 研究会、『積雲対流の運動学的予測に関する基礎研究』、名古屋大学地球水循環研究センター(愛知県名古屋市)、2011年12月15日

 

若月泰孝、中部山岳地域環境変動研究機構2011年度年次研究報告会、『中部山岳域の地域気候変化予測に向けた課題と準備状況』v、信州大学理学部(長野県松本市)、2011年11月17日

 

若月泰孝、筑波大学中部山岳連携研究発表会、『中部山岳地域の地域気候変化予測に関する研究』、筑波大学陸域環境研究センター(茨城県つくば市)、2011年11月17日

 

若月泰孝、日本気象学会2011年度秋季大会、『サンプリングを考慮した気候モデル実験の相対加重の推定』、名古屋大学東山キャンパス(愛知県名古屋市)、2011年11月16日

 

Wakazuki, Y., M. Hara, F. Kimura、World Climate Research Programme, Open Science Conference、 『Regional climate change projection project with the development of incremental dynamical downscaling method』、Sheraton Denver Downtown Hotel, Denver, CO, USA、2011年10月25日

 

Wakazuki, Y.、XXV International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly、 『New Distribution Functions for Short-term precipitation』、Melbourne Convention & Exhibition Centre, Melbourne, Australia、2011年7月1日