このサイトについて

 

学会発表

山下

梅本陽平,足立泰久,山下祐司
平成28年度農業農村工学会大会講演会、『合成イモゴライトの表面荷電特性に対するフミン酸の 影響』(口頭発表)、2016年9月1日、仙台

 

Yuji Yamashita, Yasuhisa Adachi
18th international conference of international humic substances society、『Transport behavior of humic acids in porous media—effects of pH, electrolyte concentration and cation valency 』(口頭発表)、2016年9月13日、金沢

 

Yohei Umemoto, Yasuhisa Adachi, Yuji Yamashita
18th international conference of international humic substances society、『Surface charge property of synthetic imogolite–humic acids complex and wettability of the thin layer』(ポスター発表)、2016年9月13日、金沢

 

山下祐司・足立泰久
日本腐植物質学会第31回講演会,『多孔質媒体中におけるフミン酸の移動特性—カルシウム濃度およびpHの影響』(口頭発表)2015年11月19–20日,名古屋大学(愛知県)

 

山下祐司,足立泰久
2015年度土壌物理学会大会、『NaおよびCa共存下におけるフミン酸の多孔質媒体中での移動特性へ及ぼすpHの影響』(ポスター発表)、 2015年10月24日、佐賀大学(佐賀県佐賀市)

 

山下祐司,熊谷光洋,足立泰久
平成27年農業農村工学会大会講演会、『フミン酸吸着イモゴライト膜の接触角と表面粗さ』(口頭発表)、 2015年9月3日、岡山大学(岡山県岡山市)

 

Chai Jongmin,山下祐司,足立泰久
第49回日本水環境学会年会、『アニオン性およびカチオン性高分子の添加順序によるコロイド表面の電荷状態と吸着層の違い』(ポスター発表)、 2015年3月16日、金沢大学(石川)

 

山下祐司,Chai Jongmin,足立泰久
第30回日本腐植物質学会講演会、 『コロイド粒子表面に形成されたカチオン性高分子吸着層に対するアニオン性有機高分子の影響』(ポスター発表)、 2014年11月22日、日本大学,藤沢

 

Yuji Yamashita
“Colloidal properties of humic substances" (口頭発表)
Tsukuba Global Science Week 2014, Tsukuba, Japan, Sep 28th, 2014

 

Yuji Yamashita, Takumi Saito
“Size distribution of humic substances evaluated with flow field-flow fractionation and its size-dependent cation binding” (口頭発表)
17th Meeting of the International Humic Substances Society, Greece, Sep 1st, 2014.

 

山下祐司,Chai Jongmin,足立泰久
平成26年度農業農村工学会大会講演会,「コロイド粒子へのカチオン性/アニオン性高分子電解質の逐次吸着:粒子の高分子吸着層厚さおよび界面動電的性質の経時変化」(口頭発表),朱鷺メッセ(新潟県新潟市),2014年8月27日

 

山下祐司
第29回日本腐植物質学会講演会、テーマ講演「若手の視点から捉える腐植物質の作用局面と機能」、『土壌中の物質輸送における腐植物質のコロイド・界面化学現象 』<招待講演>、 2013年11月21日、佐賀大学

 

山下祐司
土壌物理学会第55回シンポジウム、『堆積有機質層充填カラムから流出するコロイド粒子の流出特性と粒径分布 』(ポスター発表)、 2013年10月26日、福島大学