このサイトについて

 

総説等

若月泰孝

小池俊雄、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」研究者 (若月泰孝を含む)
『気候差分ダウンスケーリング法の開発』、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」平成 26 年度委託業務成果報告書(2015)

 

若月泰孝,青山智夫,末木啓介、『2011年3 月14日~31 日のつくば市のγ線環境』、Proceedings of the 15th workshop on environmental radioactivity KEK proceedings 2014-7 pp.126-134(2014)

 

若月泰孝,青山智夫、『大気化学反応の考察』、Proceedings of the 15th workshop on environmental radioactivity KEK proceedings 2014-7 pp.102-111(2014)

 

Yasutaka WAKAZUKI,Masayuki Hara, Mikiko Fujita, Chieko Suzuki, Xieyao Ma, Fujio Kimura
"A stochastic regional scale climate change projection experiment using incremental dynamical downscaling and analysis system."
Workshop Proceedings, 3rd International Lund Regional-Scale Climate Modeling Workshop and 21st Century Challenges in Regional Climate Modeling  382-383 (2014)

 

小池俊雄、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」研究者 (若月泰孝を含む)
『気候差分ダウンスケーリング法の開発』、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」平成 25 年度委託業務成果報告書(2014)

 

Yasutaka WAKAZUKI,Tomoo AOYAMA, Ryoko OHMURA, Yuichi ONDA
"A derivation approach to predict dose rate in the atmosphere"
Proceedings of the 14th workshop on environmental radioactivity KEK proceedings 2013-7 81-89(2013)

 

小池俊雄、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」研究者 (若月泰孝を含む)
『気候差分ダウンスケーリング法の開発』地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」平成 24 年度委託業務成果報告書(2013)

 

前田潤滋、科学研究費補助金(特別研究促進費)「平成24年5月6日に北関東で発生した竜巻の発生メカニズムと被害実態の総合調査研究」研究者 (若月泰孝を含む39名)『平成24年5月6日に北関東で発生した竜巻の発生メカニズムと被害実態の総合調査』科学研究費補助金(特別研究促進費)「平成24年5月6日に北関東で発生した竜巻の発生メカニズムと被害実態の総合調査研究」 研究成果報告書 (2013)

 

Aoyama, T.,Y. Wakazuki, R. Ohmura, Y. Onda
"Estimation of radiations in the atmosphere based on ambient dose rate" Proceedings (第14回「環境放射能」研究会)(2013)

 

若月泰孝,木村富士男, 佐藤友徳, 足立幸穂, 鈴木智恵子『メゾ気象モデル』筑波大学陸域環境研究センター報告 13(2012)

 

小池俊雄、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」研究者 (若月泰孝を含む)
『気候差分ダウンスケーリング法の開発』地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」平成 23 年度委託業務成果報告書(2012)

 

Wakazuki, Y.
"New Distribution Functions for Short-term precipitation"XXV International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, Abstract (2011)

 

Wakazuki, Y., M. Hara, F. Kimura
"Regional climate change projection project with the development of incremental dynamical downscaling method."World Climate Research Programme, Open Science Conference, Abstract (2011)

 

小池俊雄、地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」研究者 (若月泰孝を含む)
『気候差分ダウンスケーリング法の開発』地球観測技術等調査研究委託事業 「気候変動に適応する河川・水資源地域管理システムの開発」平成 22 年度委託業務成果報告書(2011)

 

有泉

Just D, Garcia V, Ferrand C, Bres C, Mauxion JP, Petit J, Jorly J, Assali J, Boumonville, Ferrand C, Baldet P, Lemaire-Chamley M, Mori K, Okabe Y, Ariizumi T, Asamizu E, Ezura H, Rothan C
" Micro-Tom mutants for functional analysis of target genes and discovery of new alleles in tomato. "

Plant Biotechnology 30(3)pp.225-231 (2013)

 

篠崎良仁・有泉亨
「工ヌクレアーセを利用したゲノム編集技術・新しい植物育種技術を理解しよう。江面浩・大澤良 著」

NBT-new breeding techniques-国際文献社  p17-30, 2013

 

Tohru Ariizumi, Yoshihito Shinozaki, and Hiroshi Ezura
" Genes that influence yield in tomato."
Breeding Sciences   63(1): 3–13 (2013)

 

Okabe Y, Ariizumi T & Ezura H
" Updating the Micro-Tom TILLING platform. "
Breeding Sciences  63(1): 42–48 (2013)

 

Hauvermale AL, Ariizumi T & Steber CM
"Update on gibberellin signaling: a theme and variations on DELLA repression." Plant Physiology 160(1):83-92 (2012)

 

Ariizumi T, Aoki K, Ezura H
" Systematic development of tomato bioresources in Japan." Interdisciplinary Bio Central 1:1:6 (2011)

 

有泉亨、江面浩
『ナショナルバイオリソースプロジェクト・トマト(NBRPトマト)/研究を支えるバイオリソースの整備』 化学と生物 2011年2月号 (On the Cover, 巻頭表紙)

 

藤野

Goto, K., Fujino, S., Sugawara, D., Nishimura, Y.
"The current situation of tsunami geology under new policies for disaster countermeasures in Japan." Episodes. accepted. (2014)

 

千葉崇・澤井祐紀(藤野研 研究員)
『環境指標種群の再検討と更新』 Diatom,30, 17-30.(2014)

 

千葉崇(藤野研 研究員)
『珪藻タフォノミーと珪藻化石群集による古沿岸環境復元を行う上での問題点』 Diatom, 30, 86-103.(2014)

 

藤野滋弘
『インド洋における過去の巨大地震・津波』 地震予知連絡会会報, 第89巻, 429-431.(2013)

 

藤野滋弘、小松原純子, 後藤和久
『第二回津波堆積物ワークショップ(2012年10月6-8日)報告』堆積学研究. , 71 , 217-218.

 

藤野滋弘
『陸上津波堆積物の多様な粒度,層厚,堆積構造』堆積学研究. , 71 , 102-103.(カバーストーリー)

 

後藤和久,西村裕一,菅原大助,藤野滋弘

『日本の津波堆積物研究』地質学雑誌, 118, 431-436.(ノート)(2012)

 

谷口

谷口智之

『論文奨励賞を受賞して』水文・水資源学会誌, 25(1)18-19(2012)

 

源川

源川拓磨
【講演】つくばビジネスフェア2016,『食品の品質特性や機能性成分を非破壊で計測する手法の開発』,2016年2月4日,つくば国際会議場 (つくば)

 

石川大太郎,石垣美歌,源川拓磨,尾崎幸洋
“近赤外イメージング装置の開発とその産業への応用”,画像ラボ,26 (8),37-40,2015.

 

源川拓磨
【講師】赤外・紫外応用技術展,赤外・紫外特別セミナー「赤外線技術の応用:農業・食品工学分野への応用」、2015年4月22日、パシフィコ横浜

 

源川拓磨
【著書】『5.4プロセス分析』,第5章 近赤外分光法の応用,近赤外分光法,尾崎幸洋 (編著),講談社,167–178,(2015)

 

源川拓磨
『近赤外分光法による医薬・食品粉体の迅速分析』,粉体・ナノ粒子の創製と製造・処理技術-基礎物性からプロセス設計の実務・トラブル処理まで-,小波盛佳,松本幹治 (監修),テクノシステム,635-639,(2014)

 

源川拓磨
【講師】赤外・紫外応用技術展,赤外・紫外特別セミナー 「赤外線技術の応用:農業・食品工学分野への応用」、2014年4月23日、パシフィコ横浜

 

Takuma Genkawa

"Development of an online near infrared/mid-infrared dual-region spectrometer and its application" NIR News  25, 13–14, (2014)

 

源川拓磨
【講師】第33回近赤外講習会(中級・上級コース)・第83回食品技術講習会、2014年1月30・31日、 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所

 

源川拓磨
【講師】第57回全国高等学校農場協会実験実習講習会(関東地区),2013年8月5-9日,筑波大学農林技術センター

 

源川拓磨
【講師】第31回近赤外講習会 (中級・上級コース)・第77回食品技術講習会,2013年1月24,25日,独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所

 

D. Ishikawa, H. Shinzawa, T. Genkawa, S.G. Kazarian and Y. Ozaki.

"Recent progress of near-infrared (NIR) imaging -development of novel instruments and their applicability for practical situations-"
Analytical Sciences  30(1)143-150 (2013)

 

D. Ishikawa, K. Murayama, T. Genkawa, K. Awa, M. Komiyama, Y. Ozaki

" Development of Compact Near-Infrared Imaging Device with High-speed and Portability for Pharmaceutical Process Monitoring"
NIR News  23, 19–23, (2012)

 

源川拓磨
『近赤外分光法による試料内部構造の均一性評』 ぶんせき トピックス 2012年4号 216頁(2012)

 

今孝悦

岡本侑樹*、石川智士、今 孝悦、渡邉一哉、吉川 尚、Jintana Salaenoi

『タイ南部バンドン湾の貝類養殖域における食物網構造』日本水産学会誌 (印刷中)(2014)

 

今 孝悦* 、Udom Khrueniam、有元貴文、吉川 尚、岡本侑樹、石川智士

『タイ・ラヨーン沿岸における定置網漁獲物の栄養段階』日本水産学会誌 (印刷中)(2014)

 

今孝悦、河野博(監)、加納光樹・横尾敏弘(編)

『ボラはデトリタス食ではない:安定同位体比分析で解明』 東京湾の魚類 平凡社 133頁(2011)

 

水田大輝

水田大輝
【講師】筑波大学東日本大震災復興・再生支援プロジェクト・農林技術センターシンポジウム、「広域被災地の農業復興に向けた放射性物質の移行モニタリングと芝生等被覆作物による土壌中の放射性物質の物理的・生物学的除染と軽量化~園芸部門における土壌、作物の放射性物質のモニタリングと現状~」、2015年3月17日、筑波大学総合研究棟A棟

 

福田直也・瀬古澤由彦・水田大輝・弦間 洋・田島淳史・瀧川具弘・林 久喜・野口良造・清野達之・加藤盛夫・石川尚人・浅野敦之・秋葉よしえ・伊藤 睦・伊藤百世・大宮秀昭・岡田一男・片桐孝志・軽部 潔・酒井一雄・齋藤 明・佐藤美穂・菅原慶子・比企 弘・松岡瑞樹・山本倫成・横山和人・吉田勝弘・本間 毅・松本安弘・米川和範・川崎敏安・矢口由典・関口正実・森 妙子・藤谷りつ子・塚原真知子

『広域被災地の農業復興に向けた放射性物質の移行モニタリングと芝生等被覆作物による土壌中の放射性物質の物理的・生物学的除染と減量化~農林技術センター内の空間線量率の推移について~』
筑波大学農林技術研究 農林技術センター  3 (15/02/23 accepted) (2015)

 

水田大輝・米川和範・松本安広・末木啓介・坂本健一・小野木亮・比企 弘・大宮秀昭・酒井一雄・松岡瑞樹・伊藤 睦・瀬古澤由彦・福田直也

『農林技術センター園芸圃場および園芸作物における放射性物質のモニタリング』
筑波大学農林技術研究 農林技術センター  3 (15/02/23 accepted) (2015)

 

水田大輝
【著書】『第6章 RNA依存性DNAメチル化』、新しい植物育種技術を理解しよう-NBT (new plant breeding techniques) 国際文献社 59-65 (2013)

 

吉田勝弘、水田大輝

『G1温室(観葉植物・鉢花)における病害虫の発生状況の把握と今後の防除について』 農林技術センター研究報告 農林技術センター 25号 31-40頁 (2012)

 

水田大輝
【講師】企画展「さくらそう展~身近なプリムラ~」、「プリムラとツツジに見る園芸植物の多彩化」、2011年4月17日、国立科学博物館 筑波実験植物園

 

マルコス

Wang, Z., Neves, M. A., 小林 功, 中嶋 光敏【著書】
"Controlling Properties of Micro to Nanosized Dispersions using Emulsification Devices." In: Sabliov, C., Chen. H., Yada, R. (編集者), Nanotechnology and Functional Foods. Wiley-Blackwell 出版社., Ch. 5, pp. 69-90. 出版(予定): 2015年6月(英語)

 

Kobayashi, I., Neves, M. A., Nakajima, M.【著書】
"Microchannel Emulsification. Aspects of Droplet Generation, Channel Materials, Operating Conditions, and Scaling-Up Strategies In: Rayner, M. and Dejmek, P. (eds.)" Engineering Aspects of Food Emulsification and Homogenization. CRC Press, pp. 209–234 (April 24, 2015).

 

Neves, M.A., 王 政, 小林 功, 中嶋 光敏【著書】
『生物資源から機能性成分の送達システムの開発研究』 In: 礒田 博子, Neves, M.A. Kawachi, A. (編集者) "Sustainable North African Society: Exploring the Seeds and Resources for Innovation" , Nova Science Publishers. Ch. 9, pp. 103-116. (2014年12月15日)

 

Neves, M. A., Kobayashi, I., Ribeiro, H. S., Fujiu, K. B.
"Encapsulation of bioactive compounds into micro- /sub-micron sized dispersions using microchannel emulsification or high pressure homogenization. In: D. Bagchi (ed.)" Bionanotechnology: A revolution in biomedical sciences & human health. Wiley & Sons Inc.  Chapter. 36, pp. 605-618. January (2013)

 

Kobayashi, I., Neves, M. A., Ichikawa, S., Kuroiwa, T.
" Production of monodisperse fine dispersions by micro/nanochannel emulsification. In: D. Bagchi (ed.)", Bionanotechnology: A revolution in biomedical sciences & human health. Wiley & Sons Inc. Chapter. 32, pp. 542-556. January (2013).

 

Neves, M. A., Butron Fujiu, K., Wang, Z.
『日本の食はどう見える?』 ふーま, 113(1) 18-19 (2012)

 

Kobayashi, I., Ichikawa, S., Neves, M. A., Kuroiwa, T., Nakajima, M.
"Formulation of Lipid Micro/ Nanodispersion Systems. " Lipids in nanotechnology. AOCS M. Ahmad (Ed.) 95-133 (2011)

 

大庭良介

大庭良介
表層常在細菌叢と病原体「環境と微生物の事典」朝倉書店, p252-253 (2014)

 

大庭良介
酸化ストレス耐性 「環境と微生物の事典」朝倉書店, p260 (2014)

 

池端慶

池端 、髙野友希

 『青ヶ島の噴気帯の現地調査結果(平成28 年4 月19 日~21 日)』、第135回火山噴火予知連絡会資料、8、83-87 (2016)

 

池端 慶
『硫黄島地熱発電所跡で2014年12月16日に放出された噴出物の構成物について』、火山噴火予知連絡会会報、120、pp.4 (印刷中)

 

池端 慶
『硫黄島の地熱発電所跡で2014年12月16日に放出された噴出物の化学組成の特徴』、筑波大学研究基盤総合センター分析部門報告 2014、pp.6 (印刷中)

 

池端 慶
『硫黄島地熱発電所跡で2014年12月16日に放出された噴出物の構成物について』、第131回火山噴火予知連絡会資料、7、148-150 (2015)

 

池端 慶、田村知也
『硫黄島旧噴火口(ミリオンダラーホール)で2013年2月17日-2月18日、2013年4月11日に発生した噴火に伴い放出された泥の構成物について』、火山噴火予知連絡会会報、115、96-99 (2014)

 

池端 慶、滝沢 茂,気象庁
『硫黄島旧噴火口(ミリオンダラーホール)の現地調査結果(2012年3月7日~9日) 』、火山噴火予知連絡会会報、112、84-87 (2014)

 

池端 慶、安田敦
『噴火に伴うマグマ中の揮発性成分変化に関する研究』、特定共同研究(A)実施報告書、3pp (2013)

 

池端 慶
『メルト包有物の化学組成分析に基づく新島向山886年火山噴出物と神津島天上山838年火山噴出物の識別』、筑波大学研究基盤総合センター分析部門報告 2012 23-26.

 

池端 慶、田村知也
『硫黄島旧噴火口(ミリオンダラーホール)で2013年2月17日-18日、4月11日に発生した爆発現象に伴い放出された泥の構成物について』、第126回火山噴火予知連絡会資料、6、116-118頁(2013)

 

池端慶、滝沢 茂、気象庁

『伊豆・小笠原諸島 硫黄島. 硫黄島旧噴火口ミリオンダラーホール現地調査結果(2012年3月7~9日)』 第123回火山噴火予知連絡会資料 火山噴火予知連絡会 25-28頁 (2012)

 

川田清和

川田清和、鈴木康平・菅沼秀樹・Abderrazak Smaoui・礒田博子
『チュニジア・シャンビ国立公園の植生保護効果について』 、沙漠研究、24 (3) 327-330 (2015)

 

Kiyokazu Kawada
"Overview of Vegetation in North Africa, In the Sustainable North African Society: Exploring the Seeds and Resources for Innovation (Eds. Isoda. H, Neves, M.A. and Kawachi, A.)", Nova Science Publisher, New York, Ch. 2, pp. 25-36(2015)

 

Kiyokazu Kawada
"Activity Reports of ARENA in North Africa, 5. Morocco, In the Sustainable North African Society: Exploring the Seeds and Resources for Innovation (Eds.. Isoda. H, Neves, M.A. and Kawachi, A.)", Nova Science Publisher, New York,Ch. 4, pp. 49-58 (2015)

 

Atsushi Kawachi,Abdelkariln Ben Affa,Shinji kondo,Kiyokazu Kawada,Mohanled Neffati and Horoko Isoda
"Influence of climatic conditions on phenolic content in rosemary in Tunisia. " Establishment of Integrative Research Base by Humanities and Sciences on Valorization of Useful Plants for Regional Development in North Africa III pp48-52 (2013)

 

松坂

松坂 賢、島野 仁.
「脂肪酸鎖長と病態制御」 血管医学、Vol. 17, No. 2, 67(175)-73 (181), 2016. メディカルレビュー社

 

松坂 賢、島野 仁
「脂肪酸伸長酵素と生活習慣病」 、 実験医学増刊「脂質疾患学 なぜ“あぶら”の異常が病気を引き起こすのか?」 33(15): 74-79, 2015. 羊土社

 

松坂賢、島野仁
「内因性脂肪合成を介した脂質性代謝シグナル」、Bio Clinica.(株)北隆館 、Vol. 30, No. 9, p28-32,(2015)

 

松坂 賢、島野 仁
『NASHの発症・進展における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割』
医学の歩み、Vol. 251, No. 7, 567-571.  2014年11月15日号 医歯薬出版株式会社

 

松坂賢、島野仁
『NASH発症と脂肪酸』、月刊「細胞」臨時増刊号、46(8)12-15 (2014)(ニューサイエンス社)

 

松坂賢、島野仁
『第2章コレステロール・脂肪酸代謝関連因子「第2節 脂肪酸合成(DGAT,ELOVL6,SCD1)」』、疾患モデルの作製と利用―脂質代謝異常と関連疾患―、上巻 7月号(2014)(株式会社エル・アイ・シー)

 

松坂賢、島野仁
『特集:栄養と動脈硬化−エビデンスに基づく食事療法をめざして− 「2.臓器脂肪酸と動脈硬化」』、動脈硬化予防、13-1 (2014)(メジカルビュー社)

 

松坂 賢、島野 仁
『脂肪酸の質と糖尿病』月刊糖尿病 (医学出版)2013/9 Vol.5 No.9, 44-51.

 

煙山(鈴木)紀子、松坂賢、島野仁
『慢性炎症と栄養』 The Frontiers in Life Sciences 慢性炎症と生活習慣病、p161-167、2013.(南山堂)

 

松坂 賢、島野 仁

『インフラマソームと糖尿』 糖尿病と代謝 Vol. 41 : No.1 : 1-7 (2013)

 

西村健

西村健、久武幸司
「Klf4遺伝子発現調節によるiPS細胞誘導中間体の作製」、 医学のあゆみ 255(2): 173-174 (2015) 医歯薬出版

 

西村健
【講師】 企画名:The Nobel Prize in Ibaraki「iPS細胞って何がすごいの?」、
主催:坂東市教育委員会、県西生涯学習センター 、 日時:2015年7月11日

 

浅野敦之

Asano A, Nelson-Harrington JL, Travis AJ.
"Membrane rafts regulate phospholipase B activation in murine sperm.(Corresponding author)"

Communicative & Integrative Biology. 6(6)e27362 DOI:10.4161/cib.27362(2013).

 

川口敦史

川口敦史

『第6章 ヒトと微生物  123.冬のインフルエンザ』 環境と微生物の事典 244pp 日本微生物生態学会 編 朝倉書店 (2014)

 

川崎真弘

川崎真弘 「バイオフィードバックと脳波リズム」バイオフィードバック研究, Vol.42, pp13-16 (2015)

 

*川崎真弘、北城圭一、山口陽子 (2014) 「ワーキングメモリにおけるイメージ操作に関わるシータ波位相同期」信学技報, 113(128), 67-72, 2014.(査読無)


*川崎真弘, 北城圭一, 「TMSによる脳波位相同期が示す視覚・聴覚ワーキングメモリの脳リズムネットワーク」 信学技報, 113(128), 67-72, 2013.(査読無)


*川崎真弘, 北城圭一, 深尾憲二郎, 村井俊哉, 山口陽子, 船曳康子, 発達障害者のコミュニケーションにおけるリズム調整. 信学技報, 113(73) 201-205, 2013.(査読無)

 

横井智之

横井智之
『Ⅲ.ポリネーション(1)―食料生産におけるポリネーションの社会的な貢献』
ポリネーター利用実態等調査事業報告書、49-52 (2014)

 

吉岡洋輔

吉岡洋輔
『センシング技術を活用した作物育種研究における表現型計測の高度化』
計測と制御 52(8) 724-729 (2013)

 

山下祐司

山下祐司
『地盤工学で遭遇する化学的現象の理解(6)地盤中のコロイド移動』
地盤工学会誌:土と基礎  63(8) 63-70 (2015) (講座)

 

石川香

石川香、中田和人
「ミトコンドリア病と遺伝子治療」 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY, メディカルレビュー社, Vol.23, No.2, 47-53 (2016)

 

石川香・林純一・中田和人
「ミトコンドリアセントラルドグマの破綻病理」
医学のあゆみ 254巻5号 452-458頁 2015.8.1

 

伊敷吾郎

伊敷吾郎
【講師】「Advanced Summer School on Lattice Gauge Theories」 筑波大学計算機センター、2015年8月26日~28日

 

伊敷吾郎
【講師】筑波大学GFEST(Global Future Expert in Science and Technology)科学トップリーダーコース特別実習、2015年7月29日~31日

 

伊敷吾郎、西村淳、花田政範、百武慶文
【解説記事】『ブラックホールに対するホログラフィック原理の数値的検証』、 日本物理学会誌、第70巻第6号、p436、2015.

 

花田正範、百武慶文、伊敷吾郎、西村淳
『量子ブラックホールのホログラム的記述の数値的検証』、Sience「サイエンス誌に載った日本人研究者」特集、p46、2015

 

伊敷吾郎
【計算機資源を獲得】 HPCI一般公募で採択され、「京」を含む計算機資源を獲得(課題番号hp150082, 副代表)、2015年2月20日

 

辻本

辻本学

「筑波大学超伝導材料研究グループ見学ツアー」主催、2016年10月25日
詳細:https://sites.google.com/site/tjmtlab/home/news/20161001

 

辻本学

「平成28年度受験生のための筑波大学説明会」の応用理工学類研究室体験訪問にて研究室紹介 、 2016年8月11日、筑波大学

 

辻本学
数理物質科学研究科オープンキャンパスで研究室紹介,2016年5月7日,筑波大学

 

辻本学
【講演】応用理工スプリングスクール2016 模擬講義,『超伝導デバイスで世界を変える―未来を照らすテラヘルツ光―』,2016年4月4日,筑波大学