このサイトについて

 

OB/OGレポート


 文部科学省科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進」「次代を担う若手大学人育成イニシアティブ」(平成19年度~23年度)プログラムを経験した「若手イニシアティブ教員」の現在の活動状況レポートです。

 

< TOPICS >*******************************************

本プログラムでテニュアを獲得した三浦謙治准教授が、2016年6月1日付で生命環境系・教授に昇任されました。

*********************************************************

 

 

【 学会発表 】

 

丹羽隆介
“How to enjoy the tenure-track system: My private experience at University of Tsukuba” <招待講演>、第3回千葉大学テニュアトラック国際シンポジウム 、2015年2月9日、千葉大学けやき会館

 

丹羽隆介
『発生・行動・老化・時計を制御する ステロイドホルモンとコレステロールの作用機序』<招待講演>、第2回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム、2014年11月28日、TKPガーデンシティ横浜

 

Tomotsune Ameku, Yuko Shimada-Niwa and Ryusuke Niwa
『Mating controls female germline stem cell proliferation via steroid hormone biosynthesis in Drosophila melanogaster』(ポスター発表)、第37回日本分子生物学会年会、2014年11月27日、パシフィコ横浜

 

Tatsuya Komura-Kawa, Sora Enya, Tetsuro Shinoda, Michael B. O’Connor and Ryusuke Niwa
『「A transcriptional regulation of the specific catalytic step of ecdysteroid biosynthesis in Drosophila melanogaster』(ポスター発表)、第37回日本分子生物学会年会、2014年11月25日、パシフィコ横浜

 

Kana Morohashi, Minori Onda and Ryusuke Niwa
『A Screen of a Glutathione S-Transferase Gene Involved in Steroid Hormone Biosynthesis in Caenorhabditis elegans』(ポスター発表)、第37回日本分子生物学会年会、2014年11月25日、パシフィコ横浜

 

丹羽隆介
『Sex, Sperm, and Steroid:交尾刺激と生殖幹細胞をつなぐ ショウジョウバエの神経・内分泌機構』<招待講演> 、 京都大学理学部特別セミナー、 2014-09-26、 京都大学理学部

 

Ryusuke Niwa
"Transcriptional regulation of a specific steroidogenic P450 gene in the fruit fly Drosophila melanogaster" <招待講演>
The 12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, 2014-09-25, 京都市国際交流会館

 

丹羽隆介、天久朝恒
『昆虫“脱皮”ホルモンの脱皮・変態後における役割:交尾刺激と生殖幹細胞』<招待講演> 、 日本動物学会第85回仙台大会 、 2014-09-12、 東北大学川内北キャンパス

 

丹羽隆介
『コレステロール動態調節を介した昆虫ステロイドホルモン生合成の制御機構 ~新規酵素Noppera-boの同定とその創農薬ターゲットとしての可能性』<招待講演>
弘前大学農学生命科学部第6回研究推進セミナー 、 2014-09-09、 弘前大学農学生命科学部

 

Ryusuke Niwa
『How to regulate developmental timing in insects』<招待講演> 、 サマースクール2014:生命現象における時間と空間を制御する仕組み 、 2014-08-27、 岡崎統合バイオサイエンスセンター

 

丹羽隆介
『ゲノム編集時代の生命科学~生化学と遺伝学を併用した研究アプローチ~』<招待講演> 、 GEヘルスケア・ジャパン主催 はじめてのライフサイエンス基礎講座2014、 2014-07-18、 つくば研究支援センター

 

Yuko Shimada-Niwa and Ryusuke Niwa
『Nutrient-dependent regulation of the larval-pupal developmental transition by ecdysteroid biosynthesis through the serotonergic neurons in Drosophila』(英語口頭発表) 、 Behavioral Neurogenetics of larval Drosophila: Molecules, Circuits, Computation & Robotics、 2014年3月12日、KKRホテル熱海

 

天久朝恒、丹羽隆介
『ショウジョウバエ卵巣におけるエクジステロイド生合成は交尾後メスの卵配偶子幹細胞の維持に必要である』、 第58回日本応用動物昆虫学会 、 2014年3月27日、高知大学朝倉キャンパス

 

平野陽太、塩谷天、丹羽隆介
『ショウジョウバエの母親から伝播されるステロール類が子の発生に与える影響』、 第58回日本応用動物昆虫学会 、 2014年3月27-28日、高知大学朝倉キャンパス

 

Tatsuya Komura, Yosuke Umei, Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Tetsuro Shinoda, and Ryusuke Niwa

『Identification and Characterization of a Drosophilidae-specific Gene Essential for Ecdysteroid Biosynthesis』 、 第36回日本分子生物学会年会、2013年12月5日、神戸ポートアイランド

 

Tomotsune Ameku, Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Maki Kashikawa-Yoshida, and Ryusuke Niwa
『The Role of Ecdysteroid Biosynthesis in Adult Drosophila melanogaster』 、 第36回日本分子生物学会年会、2013年12月4日、神戸ポートアイランド

 

Ryusuke Niwa, Yuko Shimada-Niwa, and Yosuke,Umei
『A novel regulatory mechanism of ecdysteroid biosynthesis for controlling insect metamorphosis』 、 第36回日本分子生物学会年会、2013年12月4日、神戸ポートアイランド

 

丹羽隆介、天久朝恒、平野陽太、塩谷天、五十嵐史彦、伊賀正年、片岡宏誌
『「母性因子」再考:ショウジョウバエの母から子へと伝えられる栄養の力』 <招待講演>、 第85回日本遺伝学会 、 2013年9月19日、慶応義塾大学日吉キャンパス

 

島田裕子、梅井洋介、丹羽隆介
『栄養依存的な昆虫ステロイドホルモン生合成調節機構における新規ニューロンの同定と役割の解析』 <招待講演>、 第85回日本遺伝学会 、 2013年9月19日、慶応義塾大学日吉キャンパス

 

丹羽隆介
『日本型テニュアトラック制に基づくPIとしての独立:経験者の一私見』 <招待講演>、 第53回生命科学夏の学校 、 2013年8月31日、伊豆熱川温泉熱川ハイツ

 

丹羽隆介
『進化的に特殊化した遺伝子による、進化的に保存された経路の制御:ショウジョウバエのステロイドホルモン生合成の研究から』<招待講演>、 国立遺伝学研究所研究集会「新機能獲得の分子進化」 、 2013年8月17日、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)

 

Ryusuke Niwa, Yuko Shimada-Niwa, and Yosuke Umei
"Adaptive regulation of ecdysteroid biosynthesis in the prothoracic gland through serotonin-producing neurons in the fruit fly Drosophila melanogaster"
<招待講演> International Insect Hormone (19th Ecdysone) Workshop 2013 2013年7月22日、ミネソタ大学、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス

 

Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Fumihiko Igarashi, Masatoshi Iga, Hiroshi Kataoka, Yoshinori Fujimoto, Tetsuro Shinoda and Ryusuke Niwa
"A novel Halloween gene noppera-bo encodes a glutathione S-transferase essential for ecdysteroid biosynthesis in the prothoracic gland"
International Insect Hormone (19th Ecdysone) Workshop 2013
2013年7月26日、ミネソタ大学、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス

 

Yuko Shimada-Niwa, Yosuke Umei, Jevgenija Maramzina, Ryusuke Niwa
『 The role of neurotransmitter receptors in the regulation of steroid hormone biosynthesis and developmental progression in Drosophila』 <招待講演>
Neuro2013(第36回日本神経科学大会/第56回日本神経化学会大会/第23回日本神経回路学会大会 合同大会)、2013年6月22日、国立京都国際会館

 

丹羽隆介
『大人になるってなんだろう?~昆虫から学べること~』 <招待講演>
第70回バイオeカフェ/第54回科学技術週間参加企画 、 2013年4月16日、筑波大学大学会館

 

Yuko Shimada, Yosuke Umei, Jevgenija Maramzina, Ryusuke Niwa
“Neurotransmitter receptors regulate ecdysteroid biosynthesis and developmental transition in Drosophila
Annual Drosophila Research Conference 2013、 2013年4月4日、Marriott Wardman Park Hotel、アメリカ合衆国ワシントンD.C.

 

Yuko Shimada-Niwa, Yosuke Umei, Ryusuke Niwa
“Adaptive regulation of ecdysteroid biosynthesis through a stomatogastric nervous system in Drosophila melanogaster
2013 Ecdysone Workshop、 2013年4月3日、Marriott Wardman Park Hotel、アメリカ合衆国ワシントンD.C.

 

島田(丹羽)裕子、梅井洋介、丹羽隆介
第57回日本応用動物昆虫学会大会 、「栄養依存的に反応する新規の前胸腺投射神経の同定」(口頭発表)、 2013年3月29日、 日本大学生物資源学部(神奈川県藤沢市)

 

梅井洋介、島田(丹羽)裕子、丹羽隆介
第57回日本応用動物昆虫学会大会、「エクジステロイド生合成を調節するシグナル伝達経路の解析」(ポスター発表)、 2013年3月28-29日、 日本大学生物資源学部(神奈川県藤沢市)

 

小村達也、梅井洋介、塩谷天、島田(丹羽)裕子、篠田徹郎、丹羽隆介
第57回日本応用動物昆虫学会大会、「エクジステロイド生合成酵素遺伝子の発現に関わるハエ目特異的新規ジンクフィンガータンパク質の機能解析」(ポスター発表) 、 2013年3月28-29日、 日本大学生物資源学部(神奈川県藤沢市)

 

天久朝恒、塩谷天、島田(丹羽)裕子、樫川(吉田)真樹、丹羽隆介
第57回日本応用動物昆虫学会大会、「ショウジョウバエ成虫におけるエクジステロイド生合成酵素遺伝子の発現と機能の解析」(ポスター発表) 、 2013年3月28-29日、 日本大学生物資源学部(神奈川県藤沢市)

 

田中健太
第60 回日本生態学会、 「標高傾度の中にある、隠れた遺伝的多様性」 (口頭発表) 、 2013年3月7日 、静岡県コンベンションアーツセンター

 

平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・瀬々潤・清水健太郎・田中健太
第60 回日本生態学会 、 「標高万能植物ミヤマハタザオにおけるトライコームおよび光受容体遺伝子の集団間分化」 (口頭発表)、 2013年3月7日、静岡県コンベンションアーツセンター

 

田中健太・平尾 章・恩田義彦・山田 歩・永野 惇・瀬々 潤・清水理恵・清水健太郎・岡村 悠・村上正志・澤田有司・平井優美 、第44回種生物学シンポジウム 、「標高万能植物ミヤマハタザオの適応機構:デモグラフィー・形質・遺伝子」 (口頭発表)   2012年12月8日 、高島市

 

Fukuda A, Nakadai T, Shimada M, Nishimura K, Hisatake K. 
“The RNA-binding protein complexes NF45/90 and NF45/110 activate c-fos transcription in a signal-dependent way” 、 第35回日本分子生物学会年会、2012年12月 (福岡)

 

Yuki Kawaguchi, Tohru Ichimura, Ryusuke Niwa
"Phosphorylation-dependent interaction between Argonaute 1 and 14-3-3 protein"(ポスター発表)、第35回日本分子生物学会、 2012年12月11-14日、 福岡国際会議場


 Sora Enya, Takuji Yoshiyama-Yanagawa, Yuko S. Niwa, Ryusuke Niwa
"Besides P450s: Three non-P450-type enzymes play crucial roles in steroid hormone biosynthesis of insects"(ポスター発表)、チトクロムP450発見50周年記念シンポジウム、 2012年12月3日、 九州大学コラボステーションI・II

 

Yoshitaka Hatta
Workshop on Fragmentation Function and QCD 2012

「Fragmentation and gauge/string duality」<招待講演> 、November 9-11, 2012, RIKEN Saitama, Japan

 

矢久保允也・田中健太・佐藤利幸
日本生態学会中部地区会2012年度 『木曽駒ケ岳周辺のウメノキゴケ科地衣類の空間分布』 (ポスター発表) 、2012年11月 、新潟県小谷村

 

丹羽隆介
筑波大学分子細胞生物学セミナー 『ステロイドホルモン生合成制御とその生体における意義の追究~昆虫と線虫を用いたアプローチ~』 (日本語口頭発表) 、2012年10月23日 、筑波大学生物農林学系棟B棟

 

Yuko Shimada-Niwa, Yosuke Umei, Jevgenija Maramzina, Ryusuke Niwa
Japanese Drosophila Research Conference 10『The role of neurotransmitter receptors in the regulation of steroid hormone biosynthesis and developmental progression in Drosophila』(英語口頭発表) ※第6回森脇大五郎賞大賞受賞 、2012年10月14日 、東京慈恵会医科大学

 

Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Yoshinori Fujimoto, Tetsuro Shinoda, Ryusuke Niwa
Japanese Drosophila Research Conference 10『Noppera-bo, a new player essential for controlling ecdysteroid biosynthesis and insect developmental transition』(英語口頭発表) 、2012年10月13日 、東京慈恵会医科大学

 

Yosuke Umei, Yuko Shimada-Niwa, Ryusuke Niwa
Japanese Drosophila Research Conference 10『An intracellular signal transduction pathway that regulates ecdysone biosynthesis in Drosophila melanogaster』 (英語ポスター発表)、2012年10月13日 、東京慈恵会医科大学

 

Tomotsune Ameku, Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Maki Kashikawa-Yoshida, Ryusuke Niwa
Japanese Drosophila Research Conference 10『Expression and functional analyses of enzymes for ecdysteroid biosynthesis during gonadal development in Drosophila』(英語ポスター発表) 、2012年10月13日 、東京慈恵会医科大学

 

Tatsuya Komura, Yosuke Umei, Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Tetsuro Shinoda, Ryusuke Niwa
Japanese Drosophila Research Conference 10『Identification and characterization of Dipteran-specific genes essential for ecdysteroid biosynthesis』 (英語ポスター発表) 、2012年10月13日 、東京慈恵会医科大学

 

谷口俊介、谷口順子、稲葉一男
日本動物学会第83回大会『Nodalはウニ胚神経外胚葉腹側におけるfoxQ2の発現維持に必要である』(日本語口頭発表)、2012年9月13日~15日 、大阪大学

 

三浦謙治
日本植物学会第76回大会 『ICE1相互作用因子カルモジュリン様タンパク質による低温シグナリング調節機構』(口頭発表)、2012年9月17日、姫路(兵庫県立大学)

 

石田喬志、吉村美香、三浦謙治、杉本慶子
日本植物学会第76回大会 『シロイヌナズナSUMO E3 ligase MMS21/HPY2とSIZ1の発生制御に関する機能分化』(ポスター発表)、2012年9月16日、姫路(兵庫県立大学)

 

丹羽隆介
東京大学大学院新領域創成科学研究科 分子認識化学セミナー 『昆虫ステロイドホルモン生合成に関与する新規因子の同定と機能解析』<招待講演>、2012年9月27日 、東京大学柏キャンパス生命棟

 

塩谷天、丹羽隆介
日本発生生物学会夏季シンポジウム2012『昆虫発育に関わる新規エクジソン生合成酵素Noppera-boの機能解析』(日本語口頭発表)、2012年9月4日 、筑波大学下田臨海実験センター

 

小林秀美、小澤哲夫、丹羽隆介、沼田治
日本動物学会第83回大会 『β-amyloid発現線虫に対する高分子ポリフェノールMAFの効果の検証』(日本語口頭発表)、2012年9月13日 、大阪大学豊中キャンパス

 

Tomotsune Ameku, Sora Enya, Maki Kashikawa-Yoshida, Takuji Yoshiyama-Yanagawa, Yuko Shimada-Niwa, and Ryusuke Niwa
International Symposia "New Frontiers of Metabolism Research in Biomedical Sciences"『The steroidogenic Rieske-type oxygenase Neverland is involved in cholesterol metabolism during the life cycle of the fruit fly Drosophila melanogaster』(英語ポスター発表)、2012年9月27日 、東京大学弥生講堂一条ホール

 

平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・瀬々潤,・清水健太郎・田中健太
日本進化学会第14回大会『標高万能植物ミヤマハタザオの標高適応遺伝子:トライコームと光受容体』(ポスター発表)、2012年8月、首都大学東京

 

三浦謙治、芝勇人、佐藤文香、太田賢、Seung Won Kang、湯淺高志、井上眞理、鎌田博、江面浩
第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会『トマトICE1による低温耐性増強及び抗酸化物質の蓄積』、2012年8月5日 、奈良(奈良先端科学技術大学院大学)

 

Yuko Shimada-Niwa, Jevgenija Maramzina, and Ryusuke Niwa
24th International Congress of Entomology『G-protein coupled receptors for regulating ecdysteroid biosynthesis in the fruit fly Drosophila melanogaster』<招待講演>、2012年8月22日 、The EXCO-Daegu Convention Center、韓国デグ

 

Sora Enya, Yuko Shimada-Niwa, Yoshinori Fujimoto, Tetsuro Shinoda and
Ryusuke Niwa
24th International Congress of Entomology『Identification and characterization of Noppera-bo, a novel Halloween-class ecdysteroidogenic enzyme』<招待講演>、2012年8月22日 、The EXCO-Daegu Convention Center、韓国デグ

 

Reiko Amikura, Makoto Umemori, Ryusuke Niwa, Yuko Shimada-Niwa, Sora Enya, Naoki Okamoto, Takashi Nishimura, and Hiroko Sano
第58回/60回 NIBB コンファレンス『Germline - Specification, Sex and Stem Cells』 、『Nutrition-dependent control of ovarian development by the fat body in Drosophila』 、2012年7月19日 、岡崎コンファレンスセンター、愛知県岡崎市

 

Kenji Miura, Masaru Ohta, Aiko Sato
Plant and Microbe Adaptations to the Cold (PMAC) 2012、「MYC-type transcription factors interactors of ICE1, are negative regulators for cold signaling and tolerance in Arabidopsis」(英語口頭 ) 2012年6月25日 札幌(北海道大学)、

 

Chia-an Lin, Yoshiko Iizumi, Haruo Ozawa, Ryusuke Niwa, and Osamu Numata
5th East Asia C. elegans Meeting
『Black tea high-molecular-weight polyphenol MAF extends lifespan in Caenorhabditis elegans via the AMP-activated protein kinase pathway』(英語口頭発表)、2012年6月28日 、Chientan Youth Activity Center、台湾台北市

 

Kazumasa Hada, Minori Onda, Yuta Takahashi, Haruyasu Amano, Sora Enya, Keiko Hirota, Akiyoshi Fukamizu, and Ryusuke Niwa
5th East Asia C. elegans Meeting、『The histone H3 methyltransferase LIN-59 regulates the expression of the let-7 family microRNAs during the larval-to-adult transition in C. elegans』(英語口頭発表) 、2012年6月30日 、Chientan Youth Activity Center、台湾台北市

 

高崎(松尾)真美
10th Annual Meeting, International Society for Stem Cell Research、『THE ROLE OF HYPOXIA INDUCIBLE FACTOR-1α IN NEURAL COMMITMENT OF MOUSE EMBRYONIC STEM CELL』(ポスター発表) 、2012年6月15日 、パシフィコ横浜

 

高崎(松尾)真美
人間総合科学研究科医学系専攻、キャリアパスセミナー 、『細く、長く、しつこく研究にしがみつく。そんな生き方もありますよ!』(講演) 、2012年6月23日 、イノベーション棟、筑波大学

 

Yuko Shimada-Niwa, Jevgenija Maramzina, and Ryusuke Niwa
第45回日本発生生物学会・第64回日本細胞生物学会合同大会 、「Neurotransmitter receptors are essential for controlling developmental transition via steroid hormone biosynthesis in Drosophila」(英語口頭発表)、2012年5月29日、神戸国際会議場

 

田中健太・恩田義彦・平尾章・山田歩・永野惇・山口正樹・工藤洋・小林元
日本地球惑星科学連合2012年度連合大会、「標高万能植物ミヤマハタザオの適応機構:生態・生理・遺伝子」(口頭発表)、2012年5月23日、幕張メッセ

 

Kenji Miura
2nd Chna-Japan-Korea Young Researchers Workshop、「ICE1, a transcription factor, for cold tolerance and accumulation of antioxidants in plants」(英語口頭発表)、2012年4月28日、Xijiao State Guest Hotel, Shanghai, China

 

Yoshitaka Hatta
Progress in Quantum Field Theory and String Theory 「Hard processes in AdS/CFT」(招待講演) 、April 3-7, 2012, Osaka City University

 

大原裕也、萱嶋泰成、林良樹、小林悟、島田(丹羽)裕子、丹羽隆介、小林公子
第56回日本応用動物昆虫学会大会 「ショウジョウバエ前胸腺におけるオクトパミンシグナルの機能解析」 、2012年3月28日 、 近畿大学農学部・奈良キャンパス

 

神村学、丹羽 隆介、新美輝幸、豊田衣子、上野千尋、志村幸子、木内信
第56回日本応用動物昆虫学会大会「カビ由来の脱皮ホル モン分解酵素を用いた簡便な脱皮ホルモ ン濃度低下法の開発」、2012年3月28日、近畿大学農学部・奈良キャンパス

 

丹羽隆介、塩谷天、島田(丹羽)裕子、藤本善徳、篠田徹郎
第56回日本応用動物昆虫学会大会「前胸腺で特異的に発現する新規遺伝子群の同定とエクジステロイド生合成における機能の解明」、2012年3月28日、近畿大学農学部・奈良キャンパス

 

大門高明、古崎利紀、丹羽隆介、小林功、古田健次郎、並木俊樹、内野恵郎、伴野豊、勝間進、田村俊樹、三田和英、瀬筒秀樹、中山真義、糸山享、嶋田透、篠田徹郎
日本蚕糸学会第82回通常総会 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 「カイコの2眠変異体は幼若ホルモン生合成能の欠損によって早熟変態を起こす」、 2012年3月18日、九州大学箱崎キャンパス文系地区

 

丹羽隆介
日本農薬学会第37回大会シンポジウム「昆虫脱皮ホルモン生合成酵素の同定とその応用展開の可能性」<招待講演> 、 2012年3月15日 、 岡山大学一般教育A棟

 

丹羽隆介
岡山大学理学部生物学科 第364回生物科学セミナー「ステロイドホルモン生合成調節を介した昆虫発生タイミングの制御機構」<招待講演>2012年3月14日、岡山大学理学部

 

Kenji Miura
The 1st International Symposium on Plant Environmental Sensing"Regulatory mechanisms of ICE1 for cold signaling and tolerance"(シンポジウム英語口頭)、 2012年3月20日、東大寺総合文化センター 奈良

 

芝勇人、中澤真知子、Mickael Lissarre、三浦謙治
第53回日本植物生理学会「低温シグナル伝達因子ICE1と相互作用するカルモジュリン様タンパク質の解析」(ポスター発表)、2012年3月18日、京都(京都産業大学)

 

三浦謙治、太田賢、佐藤愛子
第53回日本植物生理学会  "MYC-type transcription factors MYC67 and MYC70, interactors of ICE1, negatively regulate cold signaling and tolerance in Arabidopsis" (英語口頭)、2012年3月16日、京都(京都産業大学)

 

T. Kenta, Y. Onda, A. Hirao, M. Yamaguchi, A. Yamada, A.J. Nagano, Y. Kawamura, Y. Sawada, H. Kobayashi, J. Sugisaka, M. Kohno, M. Hirai R. Shimizu-Inatsugi, J. Sese, K.K. Shimizu & H. Kudoh

8th Okazaki Biology Symposium  "Altitudinal adaptation of Arabidopsis kamchatica: demography, physiology and genes." (口頭発表)、2012年3月20日、Okazaki.

 

Kobayakawa, K., Kenta, T, Takeuchi, Y., Oshima, C., Tokumoto, Y., Nakagawa, M.

第59回日本生態学会  "The effects of seed and pollen dispersal distance on seedling fitness in a tropical emergent tree, Dipterocarpus tempehes: a transplant experiment and microsatellite analysis" (ポスター発表)、2012年3月、龍谷大学

 

Kobayashi, M., Takeuchi, Y., Kenta, T., Shimizu, K.

第59回日本生態学会  "Ecological Transcriptome Analysis of Synchronous Flowering in Tropical Rainforest" (ポスター発表)、2012年3月、龍谷大学

 

Ogai, T., Kenta, T.

第59回日本生態学会  "Genetic differentiation of 3 Leptocarabus beetles that inhabit different altitudinal zones in Japanese Alps" (ポスター発表)、2012年3月、龍谷大学

 

早川恵里奈、宮村新一、唐艶鴻、冨松元、田中健太恩田義彦、廣田充

第59回日本生態学会  "低圧環境下での形態変化による光合成特性の解明" (ポスター発表)、2012年3月、龍谷大学

 

Hirao, A., Onda, Y., Shimizu-Inatsugi, R., Sese, J., Shimizu, K. K., & Kenta, T.

第59回日本生態学会  "Screening for diversifying selection on six flowering and hervivory-defence genes among 19 natural populations of Arabidopsis kamchatica: from pooled-DNA analysis with parallel sequencing. " (ポスター発表)、2012年3月20日、龍谷大学

 

Kenta, T., Sawada, Y., Yamada, A., Onda, Y., Hirao, A., Bacigalupe, L.D., & Hirai, M.Y.
第59回日本生態学会  "Altitudinal cline in life-history and hervivory-defence traits in Arabidopsis kamchatica that inhabits 30 - 3000 m altitudinal range." (口頭発表)、2012年3月19日、龍谷大学