このサイトについて

 

OB/OGレポート


 文部科学省科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進」「次代を担う若手大学人育成イニシアティブ」(平成19年度~23年度)プログラムを経験した「若手イニシアティブ教員」の現在の活動状況レポートです。

 

< TOPICS >*******************************************

本プログラムでテニュアを獲得した三浦謙治准教授が、2016年6月1日付で生命環境系・教授に昇任されました。

*********************************************************

 

 

【 受賞 】

三浦謙治
植物細胞分子生物学会 奨励賞
「低温シグナル伝達機構の分子生物学的研究」
http://www.jspcmb.jp/society/sub02_3.html#shourei

 

丹羽隆介
平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞  平成26年4月7日

受賞題目「昆虫ステロイドホルモン生合成に関する総合的研究」

 

丹羽隆介
筑波大学若手教員奨励賞(平成25年度) 平成25年10月24日

 

丹羽隆介
筑波大学若手教員奨励賞(筑波大学研究支援事業) 平成25年2月28日

 

平成 24 年度稲盛財団研究助成金に、本学から三浦謙治准教授谷口俊介准教授の2名が授与決定されました。この研究助成金は、 国内の若手研究者を対象 に自然科学、人文に自然科学、人文社会科学の幅広い分野におて、将来の国際社会に貢献する人材育成を行うこと目的に京セラの創業者稲盛和夫氏が設立した財団です。この研究助成金に本年度は 523 件の応募があり、その中でも独創的で将来性のあるテーマであること、今後の素晴らしい成果が期待される研究内容であることが評価されて、選考決定されたものです。 →詳細はこちら

三浦謙治
「SUMO化E3酵素SIZ1の植物特有PHDドメインを介したエピジェネティック制御」

谷口俊介

「ウニ胚 前端部に存在する不動繊毛の機能と形成メカニズム」