このサイトについて

 

OB/OGレポート


 文部科学省科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進」「次代を担う若手大学人育成イニシアティブ」(平成19年度~23年度)プログラムを経験した「若手イニシアティブ教員」の現在の活動状況レポートです。

 

< TOPICS >*******************************************

本プログラムでテニュアを獲得した三浦謙治准教授が、2016年6月1日付で生命環境系・教授に昇任されました。

*********************************************************

 

 

【 総説等 】

 

Niwa R and Niwa YS
"Enzymes for ecdysteroid biosynthesis: their biological functions in insects and beyond." Biosci. Biotechnol. Biochem. 78: 1283-1292(2014)

 

Yuko S. Niwa and Ryusuke Niwa
"Neural control of steroid hormone biosynthesis during development in the fruit fly Drosophila melanogaster"Genes & Genetic Systems, 89(1)27-34 (2014)

 

Miura, K.*, & Tada, Y.
"Regulation of water, salinity, and cold stress responses by salicylic acid." Frontiers Plant Sci. 5 (4), 1-12.(2014)

 

恩田美紀、丹羽隆介
『発生タイミング制御の分子メカニズムの進化的保存性:線虫を用いた研究が明らかにしたこと 』、  生物科学 64: 229-241(2013)

 

三浦謙治
『トマトにおける低温耐性付与および抗酸化力の促進』
バイオサイエンスとインダストリー  Vol 71, No 1, pp.38-39  (2013)

 

Miura, K.*
" Nitrogen and Phosphorus Nutrition Under Salinity Stress" (book chapter 16)
Ecophysiology and Responses of Plants under Salt Stress (eds. Parvaiz Ahmad, M.M. Azooz, M.N.V. Prasad), pp. 425-441. Springer (2013)

 

堀道雄(監訳)訳者16名(含 田中健太
『生態学-個体から生態系へ(原著第四版)』京都大学学術出版会 2012.3.5 (2012)

 

丹羽隆介、梅井洋介
『昆虫脱皮ホルモン生合成酵素の同定とその応用展開の可能性』
日本農薬学会誌  37 : 377‒380  (2012)